asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

Interview Now ~緑川 光 (Hikaru Midorikawa)~(2/2)

  |  次へ
midori_bana2.jpg

定番じゃないものをふられた時に、周りの想像を超えた芝居をしたいなっていうのはありますね。

Q.仲がいい声優さんはいますか?
ゲームが好きな者同士では、こっちも好意をもっていろいろ話をしたりしています。ただ、誰々っていうふうに実名を出してしまうと、その人が僕と仲が良いと思っていなかったら嫌なので、あまり言わないようにしています(笑)。

Q.とちぎ未来大使「栃木弁マイスター」を委託されたとききましたが、これを覚えておくと栃木ツウといわれるようなオススメの栃木弁などあれば教えてください。

そうですね。栃木弁ってはっきり型はないんですよ。栃木弁ってアクセントが崩壊しちゃっているんですよ。その時の感情によって変わるので、型っていうのはないんです。だから適当に、でたらめにしゃべっていれば栃木弁っぽくなります(笑)。一番それっぽく聞こえるのが、語尾を上げることですね。何とかでしょう~↑そんなことないって~↑みたいな(笑)。イメージで分かりやすいなって思うのはお笑い芸人のU字工事さんです。僕と同じ高校なので、コントを見ているととても懐かしい気持ちになります。子供の時によく聞いた音色みたいな。
midori3.jpg
Q.今後挑戦してみたい役は?

特にはないですね。結構いろいろやってきている方だと思うので。自分でも「えっ!?こんな役?!」ってビックリするような役を、「きっと君ならやれると思うよ」って言ってくれる人とお仕事してみたいですね。「緑川さんならこのキャラクターをすごくいい感じに引き出してくれるはず」みたいな感じで割り当ててもらえると嬉しいです。適当にではなく、期待を込めて役を割り振ってくれると、こっちも「じゃあ」っていう気になりますよね。一生懸命無い引き出しを、どの引き出しから持ってきて、その役に近づけようか、っていうモチベーションになります。

Q.今までこんな役をやるのかってビックリしたことはありますか?

ありますよ!なんだかんだでイケメンの役が多いので、そうじゃない役を振られたときに、逆に燃えるんですよね。周りが「緑川さん、そんな役やれるの?」って思っているのかどうかは分からないけど、「いや、悪いけど俺、この役ちゃんとこなすぜ」みたいな。逆に役者魂が揺さぶられます。定番じゃないものをふられた時に、周りの想像を超えた芝居をしたいなっていうのはありますね。

日本と同じで、アニメは浸透しているんだなと思ってびっくりしました。

Q.海外は年にどのくらい行かれますか?
実は海外には、そんなに何回も行っているわけではないんですよね。行く時には行っていますけど、最近は行ってないです。行きすぎてもどうなのかなっていう気もするので、満足してはいますけどね。行ったことのない地域にも行ってみたいなと思います。フランスはアニメで盛り上がっていると聞いたことがあるし。そんなところには一度は行ってみたいなと思いますね。台湾はイベントでは一回かな。韓国とか中国のほうが多いかもしれないです。

Q.海外滞在時に必ず行く場所、必ず買うおみやげなどありますか?

わりと薬局に入るのは好きですね。喉にいいようなプロポリスをお土産で多く買ってみたりしています。トローチとかその辺も見ちゃいますね。珍しいものも買ってみたいけど、自分の喉のケアになるものだったら一石二鳥かなと。あとは日本にあるものだけど、日本で見かけたことがないものは買って帰りますね。例えばフリスクやファンタの違う味とか。全く日本に馴染みがないものというよりも、知っているブランドを探すのが好きですね。
midori4.jpg
Q.特に海外のファンに人気のキャラクターなどありますか?それは日本と違いがあったりしますか?

やっぱりアメリカに行った時は、「機動戦士ガンダムW」がすごかったですね。今だにウイングのセールスが一番らしいんですよ。そういうこともあり、ウイングの人気は高かったですね。イベントの時も、英語でちゃんと挨拶がしたかったので、何がいいですかって聞いたら、手を挙げた女の子が「I kill you」って!!別にそんなに英語は得意じゃないけど、「I kill you」って物騒だよって思って。でも僕がやったキャラクターの台詞を英語で聞きたいっていうことなのかなと自分で解釈して、実際に言ってみたら「キャー」って喜ばれて。日本と同じで、アニメは浸透しているんだなと思ってびっくりしました。人気があるとは聞いていたんですけど、想像以上でした。中国などアジア圏では「スラムダンク」や「ふしぎ遊戯」が人気でしたね。特に、ものすごく「スラムダンク」は好きみたいでした。


Q.アジアンビートは日本のポップカルチャーを世界に発信するサイトです。国内外でこのサイトを見ている人へメッセージをお願いします。

自分が小さい時は、今観ているアニメが、日本のものなのか海外のものなのか分からなかったんですけど、最近のアニメが好きな人たちは、今はどこの国のものなのか分かっているのがすごいなと思うんですよね。海外の方が、「今うちの国で流れているアニメはちゃんと自分の国の母国語で流れているけど、本当は違う。オリジナルの言語があってそっちを観たい」って思ってくれているのがすごいなって思います。自分の時はそこまで頭が働かなかったのに、ちゃんと作った国オリジナルのもので観たいって思ってくれているのがすごいなと思うし、それはやっぱりある程度日本のアニメーションの文化、声優さんの演技の妙っていうものを評価してくれているからなのかなって思えて嬉しいです。

やっぱり日本国内でもそうだけど、日本のアニメってすごいっていう認識が広まりつつありますよね。さらにこの調子で日本のアニメをグレードアップしていただいて、それがちょっとでも世界平和に繋がるように貢献してくれると嬉しいなって思います。それが可能なカルチャーだとも思うので、これからも自分が出来る範囲でこの仕事に携わっていけたらなと思っています。

緑川 光 (Midorikawa Hikaru) プロフィール

1988年に『キテレツ大百科』で声優デビュー。『SLAM DUNK』の流川楓や『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイ、最近では『聖闘士星矢Ω』の光牙、『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』の鳳瑛一、『DIABOLIK LOVERS』の逆巻アヤトなど二枚目かつクールな役を演じることが多く、国内外で男女問わず人気が高い声優の一人。アニメやゲーム、ラジオCDなどを中心に活躍中。また、栃木県出身ということもあり、とちぎ未来大使「栃木弁マイスター」も務めるなど活動は多岐にわたる。所属事務所は青二プロダクション。

【青二プロダクション公式HP】http://www.aoni.co.jp/

緑川光さんサイン色紙を3名様にプレゼント!

sikisi.jpg
【プレゼント】『SLAM DUNK』の流川楓や『新機動戦記ガンダムW』のヒイロ・ユイ役でおなじみの、緑川光さんのサイン色紙を3名様にプレゼント!

当選者はこの3名!!

Shiinaさん
とつこさん
檸檬醤さん


おめでとうございます!!
当選者には後日メールで詳細をお送り致します。

(プレゼント当選者には、アジアンビートから直接メールが届きます。)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us

  |  次へ

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 長谷徳人 伊東健人
  • ◆ 長谷徳人さん、伊東健人さんの直筆サイン色紙・当選者発表!
  • Neneko
  • ◆ Nenekoさんの直筆サイン色紙を2名様にプレゼント!
  • ソメイヨシノ51
  • ◆ 「ソメイヨシノ51」のオリジナルTシャツを1名様にプレゼント!