asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

[愛魂 vol.24] 花村えい子 ~世界中をポップに魅了する日本発の少女マンガ~(2/3)

世界中の色んな絵具を使いましたけど、サクラ絵具が一番。

花村えい子 イラスト

ab:昔の絵と今の絵の違いはありますか?

花村:一番最初少女漫画だったでしょ? だから子供の可愛い顔描いて。それはそれで好きだったんですよね。イラストでは私は原色使ったりしているのも、自分では意識してなくて、ベタ塗りしてたんですよね。ひとつは時間稼ぎ。忙しくて丁寧にぼかしてふんわりさせたりする時間が惜しくて、エイっとばっかり塗っちゃってたんですよ。ところが今は逆にこれがいいって言われるの。パリのルーブル美術館で個展させて頂いた時も、この手の絵を持って行ったら、フランスの油絵とか彫刻家とか世界の芸術畑の方たちが、皆これが良いって言うんですよね。それでこういう方面のお仕事も多く頂くようになりました。全く自分では予想してなかったんですけど。実はその時の思いつきで色を入れているだけで。だから同じ赤でも、(原画を見ながら)コレとコレでは違いますしね。そして色が何年たっても褪せないの。世界中の色んな絵具を使いましたけど、サクラ絵具が一番ですね。

普通だと10年かかるんですが、たった一回で本会員になっちゃいました。

ab:ルーブル美術館での展示以降はいまだに何か交流はあるんですか?

花村:もともとは「白蓮の寺」の扉絵で漫画家協会から賞を頂いて、その飾ってあった原画を、フランス大使館の方が気に入ってくれて。フランスの方がこういう絵が好きなのかなと思ったのが出発点で。その後に娘が人づてに話を頂いて、S.N.B.A展に作品を出さないかって言われて。そこで一点だけ原画を出させて頂いたんです。そしたら翌年に日本のフランス大使からの推薦で私のコーナーを作りたいということで招待作家としてまたフランスに行きました。それが2008年暮れですね。そこからフランスとの付き合いが始まりましたね。

ab:その後にお付き合いは続いているんですか?

花村:会員にされちゃって。「会員になって下さい」と言われたので、何だか分からないけど「はい」って。でも後で聞いたら、実は会員になるのはとても大変で、日本の方でも毎年応募して10年かかってやっと準会員になってる方もいて、本会員にはなかなかなれないんですって。それがね、たった1回でなっちゃって。
ルーブル美術館
もっと感謝しないといけないと思って(笑)。そんな場所に副会長か理事長さんが、40点並べた私のコーナーを作ってくださって、「ここの場所を気に入って頂けましたか?」って言われたので「はい。ありがとうございます。」と返したんですけど、後で聞いたらここは最も名誉な人を飾るコーナーなんですって! それ聞いたらもっと感謝しないといけないなって思って(笑)。フランスではそういう特別扱いを受けましたね。

ブライス人形って、ただ可愛いだけじゃなくて魂が入っている。

ブライス
ab:漫画やアニメ、ブライス人形など様々な展開をされていますが、どんどん活動は広げていきたいですか?

花村:あのね、私気が多いんです。なんでもやりたいの。文章書くのも好きだし。子供の絵は塗り絵作ったりするのも好きだし。大人は大人のもので好きだし。困っちゃいますよね(笑)。この前、霊感があるという人に後ろに千手観音のお弟子さんがいるって言われて……。千手観音だから色々やるんだって笑われちゃったんですけどね(笑)。

ab:ブライスの展示会には行かれましたか?

花村:皆で行きました。可愛いのがいっぱいあってね。ブライス人形って顔が可愛いじゃないですか。顔とね、三等身のバランスが絶妙ですよね。おでこがあんまり可愛いんでおでこを出すヘアースタイルをやって頂いたの。ただ可愛いだけじゃなくて、魂が入ってるような雰囲気を持ってるから。

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 峯田茉優、福原綾香、阿部里果
  • ◆峯田茉優さん、福原綾香さん、阿部里果さんの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント!
  • 読者アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!