asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

「鼓動」2010年4月9日

文化産業大国に向けて(2)

 香港・旺角にある大型ショッピングモール「ランガムプレイス」。キャナルシティ博多を手掛けたアメリカ人ジョン・ジャーディ氏の設計によるものだ。

 83mもある長いエスカレーターを上り、さらに上へと続く螺旋状のフロアは、洋服、雑貨、おもちゃなど、週末ともなれば多くの若者であふれている。

 このフロアの一角に香港大手チェーンCDショップがある。J-POPコーナーも立派に設置されている。品揃えも豊富だ。

 日本でも大人気のアーティストのCDを手にとり、売価を見ると驚くほど安い。1枚150香港ドル前後(約1,800円)、それでも中華圏のアーティストが100香港ドル前後(約1,200円)で売られていることを考えると少々お高い。

 香港でのCDビジネス、日本との価格差が倍近く、しかも、人口が日本の20分の1の香港では、1万枚売れれば大ヒット、5万枚も売れるとミリオンヒットと言われる。試しに、日本で売価3,600円のCDが100万枚売れると36億円の売上に対し、香港で同じ価値であった場合、売価1,800円×5万枚=9千万円である。

 しかし、ここ香港では、CDは日本と比べて安くても、かたや日本人アーティストのライブは1席20,000円ほど、日本の倍以上の金額である。

 日本の大手プロダクション代表からは、早くからアジア市場に攻めていったが、実際は、ライブ・エンターテイメント以外のビジネスは成立しにくいと話を聞いた。今は、様子をみているとのこと。

 それでも、RTHK(香港国営放送局)のJ-POP番組プロデューサー・ロビン氏のレポートにあるように、香港では、ワールドミュージック部門と独立してJ-POP部門が設けられている。世界と日本が肩を並べて競い合っているのである。

 この発信力を利用しない手はないのだが、流通、小売を現地資本、あるいはHMV、Tower、amazonなど海外資本に依存する状況下では、物価価値を合わせざるを得ないのであろうか。

 最後のアウトプットを海外勢に持って行かれ、もったいない気がする。(K)
鼓動 鼓動 鼓動

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • MINT
  • ◆MINTさんの「サイン入り色紙」を1名様にプレゼント!
  • 東京喰種 トーキョーグール
  • ◆映画「東京喰種 トーキョーグール」マスク型ペーパークラフトを3名様にプレゼント!
  • ROMEO
  • ◆ROMEOのサイン色紙を3名様にプレゼント!
  • 青木美沙子
  • ◆青木美沙子さんの直筆サイン入りフォトを3名様にプレゼント!
  • パワーレンジャー
  • ◆映画「パワーレンジャー」九州完成披露試写会に5組10名様をご招待!
  • 愛乙女☆DOLL
  • ◆愛乙女☆DOLLの「サイン入り色紙」と「サイン入りタオル」を各1名様にプレゼント!
  • 寺島惇太 (Junta Terashima) 内田雄馬  (Yuma Uchida)
  • ◆寺島惇太さん、内田雄馬さんのサイン入りプレスシートを2名様にプレゼント!
  • ЯeaL
  • ◆ЯeaLのサイン色紙を3名様にプレゼント!
  • AKIRA
  • ◆AKIRAさんの直筆サイン色紙&バンダナをセットで1名様にプレゼント!
  • MCPO AWARD 2017
  • ◆うえやまとち先生、水無月すう先生、瀬口たかひろ先生、美樹本晴彦先生、ひびき玲音先生のサイン色紙を2名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION