asianbeat 福岡県が運営する多言語WEB

  • facebook
  • twitter

「鼓動」2010年9月3日

それぞれのトポス

鼓動 小林秀雄に「栗の樹」というごく短いエッセイがある。文庫本でも2ページほどだ。

 「私の家内は、文学について、文学的な興味などを示したことがない」

 そんな妻が、あるとき暇つぶしに読んだ島崎藤村の「家」にいたく感銘を受けた。が、これも彼女が信州生まれで信州の思い出が胸にわいたためである。彼女は、毎日人通りのまれな一里余りの道を歩いて小学校に通っていた。その中途に栗の大木があって、そこまで来ると、あと半分といつも思った。

 それがやたらと見たくなり、長いことためらった末、我慢できずにその由を小林に語る。小林が即座に賛成すると、親類への土産をしこたま買い込み大喜びで出かけた。数日後、帰ってきて「やっぱり、ちゃんと生えていた」と上機嫌であった。

 話の中身はそれだけである。小林は文末を「さて、私の栗の樹は何処にあるのか」と結んでいる。

 栗の樹は、哲学にいう、いわゆる「トポス」なのであろうか。トポスというのはギリシア語で「場所」を意味する。「場所」といっても単なる地点ではなく、ある人にとって特に重みを持つ場所で、たとえば、故郷とか昔住んでいた家とか、学校とか、あるいは人によっては病院とか、そんなイメージが浮かんでくる。いずれにしろ個々人のアイデンティティに影響を与えた意味のある場所をトポスというらしいが、その意味において「栗の樹」もトポスであるのだろう。だとすれば、トポスを見出し、それとの関連で自らを定位できるとき、自らの独自性や固有性を認識し、心休まるものを感じることができるのだろう。

 小林の「私の栗の樹は何処にあるのか」という問いは案外普遍的な問いでもある。(IK)

鼓動 鼓動 鼓動

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 天神キャラパーク
  • ◆「ポケモンのテラリウムコレクション」を2名様にプレゼント!
  • 999
  • ◆『ラー麦を使ったベビースター (九州限定とんこつラーメン味)』(23g×5袋) を9名様にプレゼント
  • 999
  • ◆中川晃教さん、染谷俊之さんの直筆サイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 筑前秋月和紙処
  • ◆筑前秋月和紙処の「和紙のしおりやハガキのセット」を1名様にプレゼント!
  • atelier&shop mike-tomo
  • ◆atelier&shop mike-tomoの「猫のしおり2枚セット」を1名様にプレゼント!
  • 黒門茶屋
  • ◆「イヌ醤油皿」と「ネコ醤油皿」を各1名様にプレゼント!
  • 吉川友
  • ◆吉川友さんのチェキ&サイン色紙を1名様にプレゼントします!

INFORMATION