asianbeat 福岡県が運営する多言語WEB

  • facebook
  • twitter

【デイリートピックス】 日本各地の都心部で「養蜂」がブーム!

daily.jpg

ミツバチさん、ありがとう。

近頃、「街なか養蜂」や「都市養蜂」というものが注目されています。
「養蜂」といえば、本来なら自然に囲まれた土地で専門家が大量にミツバチを飼うもの、というイメージでしたが、2006年に東京の都心部、銀座のビルの屋上で飼育がはじまり成功をおさめたのをきっかけに、今では日本中にこの「ミツバチプロジェクト」が拡がっているようです。

都心でミツバチを飼うことのメリットのひとつが、『都市と自然との共生』に関心が高まるということ。都心部には公園や緑地が案外多く、農地に比べると外敵も少ないため、ミツバチが花粉を集めるには適した環境なのだそうです。さらに、ミツバチが樹木や花の受粉をしてくれるため、街の草花を豊かにし生態系にも良い影響を与えています。
そんなありがたいミツバチのために、よりよい環境を作ろうと、ビアガーデンならぬ「ビーガーデン」と呼ばれる屋上緑化事業も盛んになっています。

こうしてミツバチが集めてくれた蜜はハチミツとして人間が恩恵を受けるわけですが、「ミツバチプロジェクト」では、各地域で採れたハチミツを使ったオリジナルスイーツやせっけんなどのコラボ商品も次々と作られ、地産地消や町おこしにも一役買っています。またこのプロジェクトを支えているのはミツバチのお世話をするボランティアやサポーターの方々ですが、養蜂という目的に集まった出会いやつながりもまたこのプロジェクトの醍醐味のようです。

採蜜の様子 (写真提供:仙台ミツバチプロジェクト様)

IMG_0412.jpeg
日本ミツバチの内検風景 
IMG_0427.jpeg
採蜜(蜜がたっぷり入った巣の蜜ぶたを削ぎ取ります) 
IMG_0366.jpeg
採蜜(遠心分離機にかけると、黄金色のハチミツが流れ出します) 
福岡では、今年3月に北九州市の都心部である小倉でいち早く『小倉みつばちプロジェクト』がスタートしています。
mitsubachi_banner.jpgミツバチはクリーンな環境を好むため、ミツバチがすみ着く街というとさらに地域のイメージアップにもつながりますね。
こうした取り組みがさらに各地で拡がることを願いつつ、ここ福岡市の都心部、天神でも近い将来実現することを心待ちにしています。(編集部 ヤマシタ)

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 竹宮惠子 カレイドスコープ-50th Anniversary-
  • ◆「竹宮惠子 カレイドスコープ-50th Anniversary-」の招待券を4組8名様にプレゼント!
  • 富崎NORI
  • ◆富崎NORIさんのポストカードセットを2名様に、缶バッチを1名様にプレゼント!
  • present
  • ◆「Flower」重留真波さん、藤井萩花さん、中島美央さんの直筆サイン色紙を3名様にプレゼント
  • EGOIST
  • ◆EGOIST chellyさんのサイン色紙を3名様にプレゼント!
  • 中村愛
  • ◆「Melodynail」60分コースお試しチケットを1名様にプレゼント!
  • ROMEO
  • ◆ROMEOのサイン色紙を3名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION