asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

【デイリートピックス】 小さなガムの大きなパワー

daily.jpg

小さなガムの大きなパワー!そして中国のガム市場は・・・

9月でもまだ暑~い!というわけで 
この前、友人と福岡の海沿いまで遊びに出かけたら、
ガム持ってない?と突然聞かれたり、
お土産にご当地ガムをいただいたり、
気づけばお昼のランチ後に必ずガムを1粒噛んだり、
とガムってすごい身近な存在だったのですね。

よく言われているガムの効果は、みなさんも知っているように
噛む続けることで唾液が増え、消化を助ける。
脳の血液が増え、脳細胞の発達に良い。
さらに、ゆっくり噛むと満腹感が得られダイエットに効く?!
小さなガムにこんな大きな作用があるとは、驚きですね。

もともと1800年代に人類がチクルを噛むと歯が白くなることを発見し、
アメリカの将軍の協力者がチクルに甘味料を加え、「アダムス・ニューヨーク」
というチクルガムを発売したのがガム人気の始まりと言われています。
日本には1916年に初めて輸入され、
1928年から日本国内でも生産されるようになったそうだ。

子供のごろによく噛んで遊んでいた風船ガム、板状と種類も分かれていますが、
最近はガムといえば粒状の糖類ガムが一般的になってきた感じがします。

国民的アイテムのガムは、中国でも子供から大人まで広い層に定着しています!
ちなみにガムは中国語で「口香糖kou xiang tang」と書きます。
口が香る糖と文字のままですね^^
本文画像.jpg
■写真:中国のガム 
キシリトール入りのメントス(ちょっとブニブニしてます)
リラックマケース入りガムは緑茶味もあります。
ガムで有名になったキシリトールは「木糖醇mu tang cun」と言います。
中国でも日本と同じようにレジのそばの棚によくガムが並んでいます。
そして中国でガム、飴などの菓子市場は、
2005年から2010年までに急激に拡大し、92億ドルの市場になっていると言われています。
1人当たりの消費量はまだアメリカの6分の1しかないため、
今後さらなる市場の拡大が期待されています。(編集部SUSU)

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • AKIRA
  • ◆AKIRAさんの直筆サイン色紙&バンダナをセットで1名様にプレゼント!
  • MCPO AWARD 2017
  • ◆うえやまとち先生、水無月すう先生、瀬口たかひろ先生、美樹本晴彦先生、ひびき玲音先生のサイン色紙さんを2名様にプレゼント!
  • 城 南海
  • ◆城 南海さん直筆サイン色紙を1名様にプレゼント
  • LAMP IN TERREN
  • ◆LAMP IN TERREN 松本大さんのサイン色紙を3名様にプレゼント!
  • 中村瞳子
  • ◆中村瞳子さんサイン入り「Super Anisong Ichiban!!!!」ライブグッズパーカーを1名様にプレゼント
  • SCANDAL MAMI
  • ◆「SCANDAL」 MAMIさんサイン色紙を2名様プレゼント!
  • アジアンビート読者アンケート
  • ◆アンケートにご協力していただいた方の中から抽選で6名様に、素敵なプレゼントが当たります!
  • FACo2017
  • ◆FACo2017チケット(自由席)をペア2組にプレゼント!
  • 劔樹人
  • ◆劔樹人さんの著書「あの頃。~男子かしまし物語~」、「高校生のブルース」を各1名様にプレゼント
  • 東京パフォーマンスドール
  • ◆「東京パフォーマンスドール」 上西星来さん、浜崎香帆さんサイン色紙を3名様プレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION