asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

[スポット紹介] 福岡アジア美術館

faam.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us

世界に唯一!アジア近現代美術の専門館

「福岡アジア美術館 (Fukuoka Asian Art Museum - FAAM -)」は、美術分野においてアジア諸国・地域との交流を目指し、1999年に世界唯一のアジアの近現代美術の専門館として誕生しました。“あじび(アジ美)”の愛称で親しまれている同美術館は、福岡の中心地・天神から徒歩圏内に位置し、国内そして海外からも沢山の方が訪れる福岡のアートスポットとして人気を集めています。

福岡アジア美術館は、古くから“アジアの玄関口”としての役割を担う福岡の中心で、アジアの「いま」にフォーカスしたアーティストの作品を収集・展示すると共に、アジアのアーティストや研究者を招聘し滞在期間中に様々な美術交流を行うことにより、訪れた人々とアジアのアートそして文化に触れる機会を提供しています。1999年の同美術館開設以降、3年ごとに行われている「福岡初・福岡発」の独自の国際展「福岡アジア美術トリエンナーレ」(>> 2014年度特集記事はコチラ!)は、世界的に高い評価を受けており、開催される度に多くのファンを増やし福岡の一大アートイベントとして街に定着しています。ここでは、1年を通して様々な展覧会やイベントを開催している魅力満載の「福岡アジア美術館」の館内施設とアクセス情報をご紹介します。
福岡アジア美術館
福岡アジア美術館
<上記の画像をクリックすると詳細ページにジャンプします>

福岡アジア美術館

福岡アジア美術館■住所
福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
TEL 092-263-1100
FAX 092-263-1105
■開館時間
午前10時~午後8時まで (入室は午後7時30分まで)
■休館日
毎週水曜日 (水曜が休日の場合はその翌平日)、年末年始(12月26日~1月1日)
■料金
入館料:無料
観覧料:アジアギャラリー
個人
一  般 200円(150円)
高・大生 150円(100円)
中学生以下 無料
※特別展観覧料は別に定めます。( )内は、20人以上の団体料金
※次の方はアジアギャラリーを無料で観覧できます。
身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人、特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患医療受診券の提示者本人。
■公式ウェブサイト
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
■お願い
・7階彫刻ラウンジ内のカフェ以外での飲食はご遠慮下さい。
・館内は全面禁煙です。
・手荷物はロッカー(無料)をご利用下さい。

関連記事はこちら

福岡アジア美術トリエンナーレ2014

外部リンク

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!
  • 映画 聲の形
  • ◆映画「聲の形」試写会へ4組8名様をご招待!
  • アンジュルム 和田彩花
  • ◆アンジュルム 和田彩花さんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • Aimer
  • ◆Aimerさんのサイン色紙を3名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION