asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

櫻井孝昌(Takamasa Sakurai) のJAPAN! JAPAN! JAPAN!

第36回 ロリータ界のカリスマ青木美沙子はカタールの首都ドーハでも大人気

青木美沙子と初めて出会ったのは、2009年2月のことだった。当時、その有識者会議委員として、外務省と企画を進めていた「カワイイ大使」の候補者を探していたのだが、青木美沙子はまさにその条件にピッタリの逸材だった。青木美沙子がいたからこそ、カワイイ大使プロジェクトはスタートできたと言っても過言ではないだろう。
2009年は、彼女と6カ国11都市を周った。なかには、真夏のブラジル11泊14日4都市訪問という過酷なスケジュールのものもあったが、目の前に2万人の人が集まってくれたレシフェの野外ステージをはじめ、二人とも生涯忘れられない体験をさせてもらった。
野外劇場ステージにて.jpg
▲野外劇場ステージにて
2011年3月の南京、2012年6月の瀋陽と、その後も彼女とは中国でファッションショーを一緒に実施してきた。瀋陽では生まれて初めて化粧をする中学生・高校生たちに、青木美沙子自身が、中国各地から彼女を手伝うために飛行機や電車で駆けつけてくれたファンたちとメイクから着付けまでしてくれた。

第6回 瀋陽のカワイすぎる女子たちは、いかに初めてのファッションショーに臨んだか!?

これだけ世界を一緒に回っていると、二人とも阿吽の呼吸で動けるようになる。
海外のイベントは、日本でのイベントのようにスタッフもいないし、現地では東京にいるときには予想もしないことが起こる。だが、そこでいちいち腹を立てていても仕方がない。その場でどれだけ対応できるかが最大のカギなのだが、青木美沙子の機転の利き方はだてに世界を周り続けてきたわけでないことを実感させてくれる。直前までいろいろなことが起こっても、いざ本番となれば関係者一同が最大の馬力を発揮してショーにのぞむことを彼女も心得ている。このあたりは彼女のもうひとつの顔である看護師という仕事を現役で続けていることも大きいのかなと思う。行動に無駄や抜けがないのだ。私にとって、世界でのここぞというファッションショーに青木美沙子の存在は欠かせない。
だから、中東カタールの首都ドーハで初開催となる“カワイイファッションショー”にあたっては彼女の参加は不可欠だったと言ってよいだろう。
イスラム芸術美術館で。後ろはドーハの高層ビル街.jpg
▲イスラム芸術美術館で。後ろはドーハの高層ビル街

2012年12月11日~22日にドーハで開催されたドーハ・インターナショナル・ブックフェアで、日本はゲスト国だった。その日本ブースのイベントスペースのプロデューサーが私である。
カワイイファッションショーは、12月21日、22日の2日間実施された。大盛況のファッションショーの模様は、次回の本連載でお伝えする。
日本ブースで現地の若者と。.jpg
▲日本ブースで現地の若者と。
カタール人女子、カタール在住のロリータファッション愛好家(右端)と。青木未美沙子の大ファンだ。.jpg
▲カタール人女子、カタール在住のロリータファッション愛好家(右端)と。青木未美沙子の大ファンだ。

開催期間中は、参加ブランドの衣装も展示したのだが、なかでもロリータファッションの人気は群を抜いていた。カタール人女子は、家族や女性だけでいるときはどんな服を着ていてもかまわないが、それ以外の場所ではアバヤという民族衣装を身につけている必要がある。
アバヤの下に着る衣装への需要は高く、トルソー展示されているロリータファッションの衣装を買うことはできないかというリクエストが、始終日本ブーススタッフに来場者から届いた。展示物のため販売することはできなかったのだが、ロリータファッションの中東での需要を改めて教えてくれるトルソー展示となった。
display.jpg▲ファッションショー参加ブランドのトルソー展示。左からISBIT△DAIKANYAMA、MALKOMALKA、PUTUMAYO、Enchantlic Enchantilly
そして、ブックフェア開催終盤、いよいよロリータ界のカリスマモデル青木美沙子の登場である。
世界中どこでも同じ体験になるのだが、会場でも街を歩いていても、青木美沙子が行くところ、そこは即席の撮影会となる。時間に余裕を持って移動しないと、大変なことになるのだ。状況はドーハでもまったく変わらなかった。
カワイイへの女子のあこがれは世界一緒なのだなとこんなときに痛感する。青木美沙子は、まさにカワイイ大使そのものなのだ。カワイイ大使は、外務省が2009年度に実施した事業であるが、青木美沙子の存在自体が文化外交におけるカワイイ大使であることに変わりはない。
カワイイファッションショー。青木美沙子の登場に観客から歓声があがる.jpg
▲カワイイファッションショー。青木美沙子の登場に観客から歓声があがる
スーク(市場)にて.jpg
▲スーク(市場)にて
どこにいても写真撮影を求められる。.jpg
▲どこにいても写真撮影を求められる。
12月のイベントに先駆けて9月にドーハで実施した私の講演会で、青木美沙子が12月にドーハに来ることを話すと、ロリータファッションの参加者が涙を浮かべて感動してくれた姿が目に焼き付いている。
次に彼女とどこに行くことになるかはまだわからないが、世界カワイイ革命の旗手として、彼女は次の地にまた向かってくれると思う。楽しみだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us Google Bookmarks

櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN!
J Pop Culture 見聞録←バックナンバー一覧はこちらから

JAPAN! JAPAN! JAPAN!←バックナンバー一覧はこちらから

執筆者:櫻井孝昌氏プロフィール 

櫻井孝昌.jpg作家、ジャーナリスト、事業企画・イベントプロデュース等の仕事とならび、世界24カ国延べ100都市以上で講演やイベント企画、ファッションショーといった「ポップカルチャー文化外交」活動を実施中。外務省委嘱のカワイイ大使プロデューサー、アニメ文化外交に関する有識者会議委員等も歴任。著書(発売順)に『アニメ文化外交』(ちくま新書)『世界カワイイ革命』(PHP新書)『日本はアニメで再興する』(アスキー新書)『ガラパゴス化のススメ』(講談社)『「捨てる」で仕事はうまくいく』(ダイヤモンド社)がある。
ツイッターでも海外情報発信中 http://twitter.com/sakuraitakamasa/
毎週水曜日更新!
※次回は、ドーハでのカワイイファッションショーの模様をお伝えする。

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の先斗ぺろさんと雨情華月さんのグッズを各1名様にプレゼント!
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の白幡いちほさんと九軒ひびきさんのサイン入りグッズを各1名様にプレゼント!
  • めがみめぐり
  • ◆おしゃべりコミュニケーションゲーム「めがみめぐり」グッズをセットで2名様にプレゼント!
  • 福岡限定お菓子詰め合わせ
  • ◆「福岡限定お菓子詰め合わせ」を1名様にプレゼント!!
  • 砂守岳央
  • ◆砂守岳央さんのサイン入りCDを各1名様にプレゼント!
  • アジアンビート アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!
  • みみめめMIMI・タカオユキ
  • ◆みみめめMIMI・タカオユキさんのサイン入り色紙を3名様にプレゼント!
  • 神志那 弘志
  • ◆神志那 弘志さんのサイン入り色紙とスタジオ・ライブ発行 40周年記念本&記念ファイルを各1名様にプレゼント!
  • 石川智晶
  • ◆石川智晶さんのサイン入り小冊子を1名様にプレゼント!
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION