asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

櫻井孝昌(Takamasa Sakurai) のJAPAN! JAPAN! JAPAN!

第65回 パリでの有料ライブ。アイドルの挑戦と次なる課題を℃-ute自身が語る

℃-uteと初めて会ったのは、2010年春、渋谷公会堂でのライブだった。海外での文化外交活動を通して、アイドルの可能性に気付き始めた私に友人が℃-uteのライブを強く薦め、連れていってくれたのだ。
DSC05645_kakou.jpg
▲左から岡井千聖、鈴木愛理、矢島舞美、中島早貴、萩原舞
℃-uteって何? いま思えば信じ難いがそれが当時の私だった。筋金入りのロック少年だった私は、渋谷公会堂でも数々のアメリカのミュージシャンのライブを観てきた。だが、その衝撃と同じぐらい、このときの℃-uteのライブは彼女たちの可能性を強く感じさせるものだった。このライブを観なかったら、同年7月、パリでのモーニング娘。のライブを観ることもなかったかもしれないとさえ思っている。本連載の読者のみなさんなら容易に理解いただけるとおり、それはいまと違った人生を私が送っていたということなのだ。縁とは不思議なもので、これをきっかけに℃-uteとはさまざまな場面で海外について語り合ってきた。℃-uteが海外でのライブ経験がないということも、お互い海外について語り合わせたのだと思う。
A06R9222.jpg
▲ライブの前日にはトークイベントでJapan Expoに出演。浴衣姿をファンに披露。
A06R9251.jpg
いかに℃-uteが世界に待たれているか。彼女たちがいかに世界に行きたいと思っているか。そのどちらの想いもいやというほど日々感じながら、その日を待ち続けたうえでの2013年7月のパリの℃-uteライブだった。それは私にとっても特別なもので、何があってもそこにいなければならない場所だった。パリでの単独有料ライブ。いったい日本のどれだけのアーティストが、それを実現できただろうか。誰しもが夢に描きながら、有名ミュージシャンでさえ実現できていないことを、初海外の℃-uteが挑戦したわけである。
A06R5709.jpg
▲「街がとにかくオシャレで感動しました」(中島)
IMG_8767.jpg
▲「街全体が芸術に思えました」(矢島)
DSC05638.jpg▲最前列の徹夜組は前のほうで観るため、前の晩から20時間以上並んだ。
DSC05629.jpg
▲会場前にできた長い列。
DSC05634.jpg
▲イタリア・シチリア島から来たファンの女子
DSC05639.jpg
▲とっておきの衣装で応援
DSC05655.jpg
DSC05627.jpg
▲メキシコから来たファンの女子。
DSC05640.jpg
▲ペルーから来たファン
DSC05651.jpg
世界のファンは必ずそこに集まってくれると信じていても、それはふたを開けてみなければわからないことだ。
その気持ちは℃-uteも同じだったろう。
「1階のスタンディング席も埋まるのかなと心配でした」
それが正直な気持ちだろう。
結果は1300名の観客でLa Cigalの会場がいっぱいになった。フランスや周辺諸国だけではない、遠くはペルーやメキシコからもファンが集まった。
「世界中に℃-uteのファンのみなさんがいるなんて実感まったくありませんでした。まさか日本から遠く離れたペルーのみなさんまで来てくださるなんて」(萩原舞)
「ライブが始まる前から会場のテンションがものすごく熱いのが伝わってきて、少しほっとしました」(中島早貴)
悲願の海外ライブ。そのライブのクオリティの高さは、この3年間、℃-uteのライブを観続けてきた私にも感動的なレベルだった。そこに集まったすべての人にとっても同じ気持ちだったろう。
A06R9832.jpg
▲La Cigalのライブ風景
IMG_0582.jpg
IMG_9381.jpg
では、その悲願を実現させた℃-uteの次の課題は何なのだろうか。5人にパリでぶつけてみた。
「『南アメリカにもたくさんのファンがいます』のボードがステージからも見えました。いろんな世界に行きたいと思いました。そのためには日本でもっと力をつけることが次の課題です。もっと力をつけて、最高のパフォーマンスを海外のファンのみなさんにも見てもらいたいです」(鈴木愛理)。
「みなさんほんとうにハイテンションなので、もっと体力をつけなければいけないのだなということを思い知らされました。会場のみなさんのパワーに飲みこまれないようにがんばりましたが、あらゆるライブ環境で対応できる体を作りたいです」(中島)
「国ごとに聴きたい、観たい曲の傾向があるかもしれません。いろいろなジャンルを歌える℃-uteでありたいと思いました」(矢島舞美)
「その国に行ったら、その国の言葉でライブでもできるかぎり話せたらと思いました。それを実感できたのが大きかったです」(岡井千聖)
A06R0656.jpg
▲La Cigal。約1300名のファンが熱狂
A06R0086.jpg
けっして順風満帆ではなかったグループとしての歴史のなか、ひとつずつ壁を越えてきた、いわばたたき上げのライブアイドルグループ℃-ute。℃-uteのすべては、岡井千聖が話した言葉に集約されている気がする。
「℃-uteは前に進むしかないグループだと思うんです」
そんな℃-uteの前をジャーナリストとしても、これからも追い続けたいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us

櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN!
J Pop Culture 見聞録←バックナンバー一覧はこちらから

JAPAN! JAPAN! JAPAN!←バックナンバー一覧はこちらから

執筆者:櫻井孝昌氏プロフィール 

櫻井孝昌.jpg作家、ジャーナリスト、事業企画・イベントプロデュース等の仕事とならび、世界24カ国延べ120都市以上で講演やイベント企画、ファッションショーといった「ポップカルチャー文化外交」活動を実施中。外務省委嘱のカワイイ大使プロデューサー、アニメ文化外交に関する有識者会議委員等も歴任。著書(発売順)に『アニメ文化外交』(ちくま新書)『世界カワイイ革命』(PHP新書)『日本はアニメで再興する』(アスキー新書)『ガラパゴス化のススメ』(講談社)『「捨てる」で仕事はうまくいく』(ダイヤモンド社)がある。
ツイッターでも海外情報発信中 http://twitter.com/sakuraitakamasa/
毎週水曜日更新!
※次回は、櫻井プロデュース、ジャンルを越えた日本発ライブイベントの速報

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の白幡いちほさんと九軒ひびきさんのサイン入りグッズを各1名様にプレゼント!
  • めがみめぐり
  • ◆おしゃべりコミュニケーションゲーム「めがみめぐり」グッズをセットで2名様にプレゼント!
  • 福岡限定お菓子詰め合わせ
  • ◆「福岡限定お菓子詰め合わせ」を1名様にプレゼント!!
  • 砂守岳央
  • ◆砂守岳央さんのサイン入りCDを各1名様にプレゼント!
  • アジアンビート アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!
  • みみめめMIMI・タカオユキ
  • ◆みみめめMIMI・タカオユキさんのサイン入り色紙を3名様にプレゼント!
  • 神志那 弘志
  • ◆神志那 弘志さんのサイン入り色紙とスタジオ・ライブ発行 40周年記念本&記念ファイルを各1名様にプレゼント!
  • 石川智晶
  • ◆石川智晶さんのサイン入り小冊子を1名様にプレゼント!
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION