asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

第27回 ℃-uteインタビュー~日墨関係が深まるなか、ファン待望のメキシコ公演にアイドルたちはどう臨もうとしているのか。(2/3)

popculturechronicles
メキシコのファンたちの映像を観て
メキシコでのライブが発表された4月26日の約1カ月後。矢島舞美、中島早貴、萩原舞への私のインタビューは、2011年に撮影した映像、さらにライブ発表の1週間前、私がメキシコで撮影した℃-uteファンたちの映像を観てもらうことから始まった。
そこには、℃-uteの「Love take it all」を日本語で歌い、ダンスをカバーするメキシコのファンたちの映像もあった。

中島 「私たちの曲を踊ってくれているファンのみなさんがメキシコにいることもすごいんですけど、それを応援するみなさんもいるのがすごいなと思いました。彼女たちにもファンのみなさんがいるわけですよね。アイドルを応援する感覚って、日本ならではのものだと思いますし、その感覚を海外のみなさんが持っていることも不思議ですし、こういう文化がメキシコにあることがすごいと思います」
矢島 「メキシコは日本からとても遠いのに、映像や写真を観ると、同じ日本なのではと感じてしまいます。踊りのフォーメーションも完璧だし、ファンのみなさんが手に持っているグッズも日本で売っているものだし。ほんとうはものすごい苦労をして手にいれてくれたかもしれませんが、すごく親近感をおぼえます。ああ、日本のファンのみなさんと同じように熱く応援してくださっていたんだなと思いました」
萩原 「いま映像で観たファンのみなさんの雰囲気から、これまで行ったフランスや台湾とはまた違う熱さを感じて、ライブがもっと楽しみになりました」

矢島舞美
▲矢島舞美

中島早貴
▲中島早貴

萩原舞
▲萩原舞
海外から日本のライブに応援に来るファンたち
メキシコの映像を初めて観てもらった4年前と、℃-uteのなかで海外に対しての考えで変わったもの、変わらないものはなんだろうか。

中島 「4年前は、℃-uteは海外にはきっと行けないんだってさえ思ってました。でも、いまはもしかしたらまた行けるかもと思えるので、こうして応援してくれるファンのみなさんを知ったりすると、行ってみたいと大きな声でスタッフのみなさんにも言えるようになりました」
萩原 「これはちょっとよくないことなんですけど、ライブのMCでの語学力が成長してないなあと反省します。ライブ中に手紙を読んでも、発音が悪すぎて、あまり伝わってないようなんです。でも、やっぱりそれは悔しいことなので、メキシコではもう少し言葉や発音を覚えていきたいなと思います」
矢島 「海外で実際にライブをするまで、海外に私たちを応援してくれるファンのみなさんがいるという実感がどうしてもわきませんでした。それを実感できるようになったことが、大きな変化です。海外に行くようになって以来、日本のライブでも海外のファンのみなさんが増えたんです。とてもうれしいです」

℃-uteやハロー!プロジェクトのライブに、海外のファンが増えたなあというのは、私の実感でもある。℃-uteやモーニング娘。、Berryz工房がひとつひとつ積み上げてきた軌跡は、確実におおきなうねりになってきているのだ。

櫻井孝昌
▲2015年、私の講演には℃-uteファンが多数集まってくれた

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 山田麻莉奈 小坂井祐莉絵
  • ◆ 山田麻莉奈さん・小坂井祐莉絵さんの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント!
  • 高田憂希
  • ◆ 高田憂希さんの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント!
  • 浅沼晋太郎 豊永利行
  • ◆ 浅沼晋太郎さん・豊永利行さんの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント!
  • Neneko
  • ◆ Nenekoさんの直筆サイン色紙を2名様にプレゼント!
  • ソメイヨシノ51
  • ◆ 「ソメイヨシノ51」のオリジナルTシャツを1名様にプレゼント!