asianbeat 福岡県が運営する多言語WEB

  • facebook
  • twitter

第6回 What About Sunset Live 〜サンセットライブはどのように作られたのか〜Vol.2(1/2)

前へ  |  
アジアの音楽都市 福岡
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us

当初から一貫して変わらないコンセプトがあった

前回はサンセットライブがどのように始まったのか、というところまで書いた。今回も別の視点から、スタートしてから今年で25周年を迎えるまでの変遷を少しずつ思い出を辿るように、またいつものように脱線しながら振り返ってみたいと思う。。

SUNSET LIVE'93
始まった頃は、どこかのお店や会社なんかがやっているような、プライベートなパーティーに近い形式だった。実際サンセットという飲食店が始めた訳だし、そこへよく来ていたお客さんの中で、同業者の飲食店が常連さんを伴ってブースを出したり、バンドを連れてきたりして、合同ビーチパーティをやりましょう!みたいな企画から始まったわけだ。出演者、関係者、お客さんを合わせても500人に満たない規模で、場所はお店の駐車場スペースをそのまま会場に見立て第一回目は行われた(このスタイルは2001年まで9年間続いた)。 このように小規模ながら始まったサンセットライブ、しかし当初から一貫して変わらないコンセプトがあった。それは当時まだほとんどの人が意識していなかった、糸島の素晴らしい自然に音楽を通して改めて触れてもらい、その恵みに感謝の気持ちを持ってもらうこと。糸島でサーフィンライフを過ごしながら、誰よりもその自然の素晴らしさに気づき、守っていかなければならないものとする想いが林の心に明確に芽生えていた。またそれが環境保護を理屈抜きに伝える最善の方策であるとも直感していた。
しかしこれが如何に困難であったかということは、回を重ねながら嫌という程思い知らされることになるのだが、、、。それはまた後の話。
SUNSET LIVE'93
今回はサンセットライブの原点に今一度迫ってみたいと思う。そのためにはまず、林憲治という人間を知る必要がある。前回も書いたように、まだ何も無かった糸島にビーチカフェ 「サンセット」 を作り、フェスブームの先駆けとなった 「サンセットライブ」 の根底には、林の哲学が重要なファクターとなっていることは間違いない。
前へ  |  

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 999
  • ◆舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~ 北九州公演チケットを2組・4名様にプレゼント
  • 999
  • ◆中川晃教さん、染谷俊之さんの直筆サイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 筑前秋月和紙処
  • ◆筑前秋月和紙処の「和紙のしおりやハガキのセット」を1名様にプレゼント!
  • atelier&shop mike-tomo
  • ◆atelier&shop mike-tomoの「猫のしおり2枚セット」を1名様にプレゼント!
  • 黒門茶屋
  • ◆「イヌ醤油皿」と「ネコ醤油皿」を各1名様にプレゼント!
  • 吉川友
  • ◆吉川友さんのチェキ&サイン色紙を1名様にプレゼントします!
  • HKT48
  • ◆HKT48の今田美奈さん、朝長美桜さん、村重杏奈さんの直筆サイン色紙を3名様にプレゼント!
  • DEVIL NO ID
  • ◆DEVIL NO IDのサイン色紙とサイン入りタオルを各1名様にプレゼントします!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION