asianbeat 福岡県が運営する多言語WEB

  • facebook
  • twitter

「鼓動」2010年8月13日

センス・オブ・ワンダー

 今をときめく分子生物学者の福岡伸一さんの最新著作『ルリボシカミキリの青』(文芸春秋)によれば、福岡さんは小さい頃から、「ルリボシカミキリ」を追い求めていたそうだ。
 ビロードのような深い青の上に真っ黒な斑点を散らした小さなカミキリムシは、伸一少年にとってまさに憧れの的だった。

 ところで、このルリボシカミキリの「瑠璃」は、「ラピスラズリ」と呼ばれる宝石の和名である。ラピスラズリは、アフガニスタン奥地に産出される夜空のように輝く群青の宝石で、ツタンカーメン王のマスクや正倉院所蔵の紺玉帯などに見ることができるそうだ。
 そのラピスラズリを原料とした青色顔料が天然ウルトラマリンである。
 人工合成顔料として登場するのは19世紀になってからである。

 17世紀のオランダの画家フェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」は、少女が巻いているターバンの青ゆえに「青いターバンの少女」とも呼ばれる人気作品だが、このつややかなターバンを描くのにフェルメールは高額なラピスラズリを惜しげもなく用いている。
 そのため、絵を描いて350年を経ても、なお色あせないという。

 さて、ルリボシカミキリの青を求めて、何日も、何シーズンも野山を駆け回った伸一少年は、ある年の夏の終わり、ついに朽ちかけた木のひだに、ルリボシカミキリを発見する。
 「嘘だと思えた。しかしその青は息がとまるほど美しかった。しかも見る角度によって青はさざ波のように淡く濃く変化」した。

 その青に震えた感触こそ福岡さんのセンス・オブ・ワンダーとなっている。(IK)

鼓動 鼓動 鼓動

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 椎名ぴかりん
  • ◆椎名ぴかりんさんの「サイン入りクリアファイル」を1名様にプレゼント!
  • 富崎NORI
  • ◆富崎NORIさんのポストカードセットを2名様に、缶バッチを1名様にプレゼント!
  • present
  • ◆「Flower」重留真波さん、藤井萩花さん、中島美央さんの直筆サイン色紙を3名様にプレゼント
  • EGOIST
  • ◆EGOIST chellyさんのサイン色紙を3名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION