asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

ラクガキからアートへ。グラフィティカルチャーの奔放な過去・現在・未来

グラフィティ黎明期(70年代のグラフィティ)

797px-B.I.G._graffiti_-_Work_in_Progress.jpg

グラフィティというアートを知っているだろうか。
グラフィティとは、ビルや高架下などパブリックな壁面に描かれた「ラクガキ」を指し、カラースプレーを使用することからエアロゾール・アートとも呼ばれている。

グラフィティの歴史は意外と古く、
1970年代にはN.Y.を中心にすでに始まっていたといわれる。

初めてライター(※1)としてメディアに取り上げられたのはTAKI183。
ギリシア系アメリカンのディミトリウスが『TAKI183』というタグ(※2)を街のいたるところに残すゲームを始めたのを期に、子どもたちにもそのゲームが広がった。
そのアクションがニューヨークタイムズの記事になったことでブームに拍車がかかり、多くのアーティスを生み出すきっかけとなる。

グラフィティのバックボーンは、ヒップホップ(※3)をはじめエクストリームスポーツやサーファーシーンといったストリートカルチャーがある。そのため、描かれるモチーフやステンシルなイメージといったストリートに密着している作品が多く見られる。

沸き上がるグラフィティムーヴメント(80年代のグラフィティ)

1980年代に入るとジャン・ミッシェル・バスキアやキース・ヘリングの登場で
グラフィティの人気は一気に加速する。そんな中、日本でも大きなムーブメントが起こった。
Phase2bubbler.gif
Phase2のグラフィティ
FuturaUnkle.jpg
FUTURAのグラフィティ
きっかけは1984年10月に西武池袋店7階駐車場で行われた映画「WILD STYLE(※4)」のワールドプロモーションツアー。

デパートのフロアで行われたこのイベントには、ヒップホップ黄金期で活躍したDJ、MC、ダンサーそしてグラフィティライターらが総勢20名も集まった。
参加したグラフィティライターの中には、現在も『King(最高のライターと認められた人)』と称されるFUTURA、DONDI、ZEPHERもいたというから驚きだ。

現在の日本のストリートムーヴメントの源流はここにあるといっても過言ではないかもしれない。

ちなみに、日本を代表するDJ、DJ KRUSHはこのイベントの直後にターンテーブルを購入したという逸話もある。

『ラクガキ』から『アート』へ(90年代のグラフィティ)


FUTURA2000の映像

90年代に過渡期を迎えたグラフィティはアートだけに留まらずファッションアイコンとしても注目される。バスキアやヘリングが表現の場を街からキャンバスへ移行した時期と重なるように、グラフィティの媒体もビルや高架から生地へと変化してきた。

Stussyなどのストリートブランドのみならずアニエスb.などのハイブランドにも取り入れられたグラフィティは、この時期を境にアートとしてより多くの人に認知される。

現在グラフィティアートは本場N.Y.から、日本はもとよりヨーロッパやアジア、南米にも広がっている。

グラフィティは90年代に入るまで「芸術」とは認められない存在だった。しかし、メインストリーム社会から外れた若者たちと芸術を再活性化したいと考える文化人たちの接点として、グラフィティは現在アートとして迎え入れられている。

貧困や人種的偏見、アート哲学との乖離(かいり)など、混沌とした問題が表現されたアート。それがグラフィティなのだ。


グラフィティがこれからどんな未来を形成していくのだろうか。

現在グラフィティアーティストとして活躍するローランド・ベリーとリーチを通してその可能性を考察してみる。

※1:ライター…グラフィティを描く人を指す。ペインターとも呼ばれる
※2:タグ…自分のグラフィティ用の名前やクルー(所属するグラフィティ集団)を書いたもの。また、それを書く行為をタギングという。
※3:ヒップホップ…1970年代にN.Y.のブロンクス区で行われていたブロックパーティ(街区の住民が行うお祝い)から生まれたカルチャー。グラフィティはヒップホップの4大要素の一つ
※4:WILD STYLE…1982年に製作されたアメリカのヒップホップ映画。

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 中村愛
  • ◆「Melodynail」60分コースお試しチケットを1名様にプレゼント!
  • シティーハンターのすべて
  • ◆『北九州市漫画ミュージアム開館5周年記念特別展 シティーハンターのすべて』の招待券をペア3組にプレゼント!
  • MINT
  • ◆MINTさんの「サイン入り色紙」を1名様にプレゼント!
  • 東京喰種 トーキョーグール
  • ◆映画「東京喰種 トーキョーグール」マスク型ペーパークラフトを3名様にプレゼント!
  • ROMEO
  • ◆ROMEOのサイン色紙を3名様にプレゼント!
  • 青木美沙子
  • ◆青木美沙子さんの直筆サイン入りフォトを3名様にプレゼント!
  • パワーレンジャー
  • ◆映画「パワーレンジャー」九州完成披露試写会に5組10名様をご招待!
  • 愛乙女☆DOLL
  • ◆愛乙女☆DOLLの「サイン入り色紙」と「サイン入りタオル」を各1名様にプレゼント!
  • 寺島惇太 (Junta Terashima) 内田雄馬  (Yuma Uchida)
  • ◆寺島惇太さん、内田雄馬さんのサイン入りプレスシートを2名様にプレゼント!
  • ЯeaL
  • ◆ЯeaLのサイン色紙を3名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION