asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

グラフィティアートの歴史と新たな才能

福岡の老舗野外音楽フェス“SUNSET LIVE”とアジアンビート、そして“福岡PARCO”がコラボレーションしたビーチサンダルの発売が決定。

そのビーチサンダルのデザインを手掛けるのは、LAのペインターでもありアパレルラインが人気の「ローランド・ベリー(ROLLAND BERRY)」と、ストリート出身の台湾の若手グラフィティライター「リーチ(REACH)」である。

ここでは、ビーチサンダルの発売を目前に、彼らが一体どんなアーティストなのか。そして彼らのデザインの根源にある“グラフィティ”とは一体どこから生まれたものなのか。そしてどんな歴史を辿って今に至るのかを今一度探ってみよう。

「PARCO & asianbeat × Sunset Live2010」のビーチサンダル特設ページはコチラ

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 藤子不二雄Ⓐ展
  • ◆「藤子不二雄Ⓐ展 -Ⓐの変コレクション-」の招待券をペア5組10名様にプレゼント!
  • 福岡人志
  • ◆「福岡人志、松本×黒瀬アドリブドライブ」第4~6弾DVD3巻セットを1名様にプレゼント!