asianbeat 福岡県が運営する多言語WEB

  • facebook
  • twitter

[Kimitoの上海レポート]中国で大流行!生動画配信のアプリ

ものの1分で10万人以上が閲覧

中国で一番流行っているスマホアプリは、なんといってもWeChat(微信)。
日本でいうところのLINEみたいな感じのアプリですが、アカウント数は2015年時点で、5.49億人で中国のコミュニケーションAPPで最大級、かつそのユーザーのほとんどが毎日必ず使っているという凄さです。

チャット系アプリが中国にない時代に、中国最大級のIT企業テンセントが、中国最大メッセンジャーアプリQQのユーザーにWeChatを広めシェアを確保したのが大きなきっかけと言われています。

また、オンライン決済機能、豊富なスタンプ機能、動画アップ機能、音声通信など、ニーズに基づく豊富な機能がたくさんあるのも人気の理由です。
このWeChatほどではないものの、最近中国の若者の間で急速に流行っているアプリがあります。
生放送動画ストリーミングアプリの「映客」です。

北京蜜莱坞网络科技有限公司というITベンチャー企業が2015年の夏にリリースしたばかりのアプリですが、この半年ですでにアカウント数は1000万を超えています。

中国では生放送動画アプリ自体が急速に流行ってきていますが、その中でも人気のアプリのひとつです。
r_ロゴ_3.jpg
ユーザーは、自分の旅行の様子だったり、スポーツしている様子だったりを生放送の形式で、ネット上に配信し、それを不特定多数の人が見ることができます。

配信画面例2.gif
何より流行っているのは、モデルの女の子や芸能人が、私生活でお茶している様子だったり、スタジオで撮影の合間に休憩している様子だったりを配信するタイプで、若者ネットユーザーを中心に、爆発的な広がりを見せています。

配信画面例1.jpg
キレイな女の子の私生活を覗き見したいのは、男も女も変わらないみたいです。
人気のある生放送動画は、ものの1分で10万人以上が閲覧しだす勢いです。

まだまだこれからのアプリですが、中国の若者のライフスタイルにとって、しばらくは欠かせないアプリになりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us

海外情報員 Kimito(兒玉公人)氏 プロフィール

兒玉氏日本のファッションやカルチャーと中国を繋げるために、上海でセレクトショップ、ネットショップを立ち上げた経験をもつ。また、日本ブランドの中国でのPRやブランディングにも尽力。一方、上海の仲間たちとDJイベントも毎年、年に数回開催し、人気を博す。
中国のTV、雑誌やWEBなどのマスメディアでの取材、インタビューも多数。2008年より上海在住。

関連記事はコチラ

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 天神キャラパーク
  • ◆「ポケモンのテラリウムコレクション」を2名様にプレゼント!
  • 999
  • ◆『ラー麦を使ったベビースター (九州限定とんこつラーメン味)』(23g×5袋) を9名様にプレゼント
  • 999
  • ◆中川晃教さん、染谷俊之さんの直筆サイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 筑前秋月和紙処
  • ◆筑前秋月和紙処の「和紙のしおりやハガキのセット」を1名様にプレゼント!
  • atelier&shop mike-tomo
  • ◆atelier&shop mike-tomoの「猫のしおり2枚セット」を1名様にプレゼント!
  • 黒門茶屋
  • ◆「イヌ醤油皿」と「ネコ醤油皿」を各1名様にプレゼント!
  • 吉川友
  • ◆吉川友さんのチェキ&サイン色紙を1名様にプレゼントします!

INFORMATION