asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

「鼓動」2010年10月18日

サフラン

鼓動  トレドの南に位置するコンスエグラはラマンチャ地方の小さな村。ここではスペイン料理に欠かせない食材サフランを栽培しており、毎年10月の最終日曜日には収穫を祝う「サフラン祭り」が開催されるという。なかでも、民族衣装を着た地元の参加者によるサフランの雌しべ早摘みコンクールは見ものであるらしい。

 アヤメ科クロッカス属の球根植物であるサフラン。赤い雌しべを乾燥させ、着色料や生薬として利用される。その価格は高価だ。ちなみに乾燥サフラン1gを採集するのに約1000本の雌しべが必要だと言われる。

 サフランの最大の生産国はイランで、次いでスペイン、ギリシア、トルコなど地中海沿岸で栽培が盛んのようだ。日本では、大分県竹田市が、サフラン栽培の唯一の産地として知られ、国内生産量の8割を占めている。 竹田市のサフランの栽培方法は独自のもので、畑ではなく室内で花を咲かせるというものだ。降雨の多い日本の気候、さらには摘み取り作業のしやすさなど、サフラン栽培農家にとって、室内の方が管理しやすく、作業もはかどるようだ。花摘み作業を終えた後のサフランは、今度は水田に植えつけられ、春に掘りあげられるまで育てられる。

 サフランの球根を2球、ぶらりと立ち寄ったナーセリーで買い求めた。水もやらずに、球根のままで放置しておけば、11月にはうす紫色の甘い香りの花が咲くという、店の方の説明だった。
 サフランという言葉のやわらかな語感。その花の甘い香りの予感にも少々こころ動かされた。
 せっかくだから鮮烈な赤い雌しべも摘み取ってみよう。たった2球の雌しべを集め乾燥させても、パエリア作りに足りないかもしれないのだが。(HR)

鼓動 鼓動 鼓動

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • AKIRA
  • ◆AKIRAさんの直筆サイン色紙&バンダナをセットで1名様にプレゼント!
  • MCPO AWARD 2017
  • ◆うえやまとち先生、水無月すう先生、瀬口たかひろ先生、美樹本晴彦先生、ひびき玲音先生のサイン色紙さんを2名様にプレゼント!
  • 城 南海
  • ◆城 南海さん直筆サイン色紙を1名様にプレゼント
  • LAMP IN TERREN
  • ◆LAMP IN TERREN 松本大さんのサイン色紙を3名様にプレゼント!
  • 中村瞳子
  • ◆中村瞳子さんサイン入り「Super Anisong Ichiban!!!!」ライブグッズパーカーを1名様にプレゼント
  • SCANDAL MAMI
  • ◆「SCANDAL」 MAMIさんサイン色紙を2名様プレゼント!
  • アジアンビート読者アンケート
  • ◆アンケートにご協力していただいた方の中から抽選で6名様に、素敵なプレゼントが当たります!
  • FACo2017
  • ◆FACo2017チケット(自由席)をペア2組にプレゼント!
  • 劔樹人
  • ◆劔樹人さんの著書「あの頃。~男子かしまし物語~」、「高校生のブルース」を各1名様にプレゼント
  • 東京パフォーマンスドール
  • ◆「東京パフォーマンスドール」 上西星来さん、浜崎香帆さんサイン色紙を3名様プレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION