asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

河瀨直美監督インタビュー そこにしかない画を求めて、タイへ。


河瀨直美監督インタビュー
そこにしかない画を求めて、タイへ。
デビュー作「萌の朱雀」がカンヌ国際映画祭でカメラドール(新人賞)を受賞するという快挙を果たし、昨年「殯の森」で同映画祭グランプリを獲得。2010年には地元・奈良で自ら誘致活動を行った「なら国際映画祭」が開催されるなど、映像作家として多方面で活躍する河瀨直美監督。
そんな国内外で注目を集める彼女の最新作「七夜待」は、それまでずっと映画の舞台だった生まれ故郷の奈良を離れタイで撮影された。

3カ国の言葉が入り乱れた現場

「前作の「殯の森」がフランスとの合作で、そこでの経験があって海外でも映画制作がやれるなと。新たなステージというか世界を体験したいと思いました。現場は3カ国の言葉が入り乱れて、スタッフは大変だし、役者も何を言っているのかわからない。でも、新しいことに挑戦するのがクリエーターだと思います」
映し出される映像は、旅番組で見るような「タイ」とは違う。
「私自身が初めてタイに行ったということもあり、そういう概念はなかったですね。私にとってただあの村にあるものをリアルに捉えることと、彩子(主人公)が何を感じるかということが大切でした」

生きているエネルギーに溢れたタイ


実際にタイに行って感じた日本との違い。なかでも一番印象的だったのは“色の鮮やかさ”だったという。
「花や緑が太陽の光に負けてないんです。“生きているぞ!”って主張していて、日本では絶対撮れない画ですね。住居、森、川が分け隔てないんです。生まれてから死ぬというサイクルは、人間も動物も自然も同じだということをこの作品の最終着地点にしたいなと思いました。撮影した村は日本から見たら裕福ではありませんが、人々はおおらかでちゃんとつながっている。日本はすべてが経済中心で、その中で生きていると命が疲れてしまう。一番伝えたかったことでもあります」

これまで見たことのない、女優・長谷川京子

主人公・彩子を演じるのは長谷川京子。台本は毎朝一枚渡されるメモだけという演出方法に最初は戸惑っていたらしいが、映画の中の彼女はこれまで見たことのない表情を見せる。
「それまで長谷川さんに求められていたのは、感情の機微の前に、台本どおりにセリフを話してうまく演じることであったと思います。今回の撮影で体験したことは、彼女が女優として次のステップに進むきっかけになったのではないでしょうか」

タイで感じる日本の記憶

ときおり挿入される村上淳とのマッサージのシーン。今回唯一奈良で撮影されたものだが、そこにはどんな意味が込められているのだろうか。
「異国に行ったとき、ふと自分の日常を考えるときがある。本当に自分の大事なもの、大事だったものをおざなりして生きていたことに気づいたとき、彩子の場合は日本の記憶だったんですね。日本での自分のあり方を自分自身で問うていく、あのシーンはそういう作業の象徴でもあります」

彩子と一緒に混乱を共有してもらいたい

ひとつ気になったことがある。映画が始まって彩子が森の中でフランス人のグレッグに出会うまでの十数分間、字幕が全く出てこないのだ。
「彩子が異国で体験する“混乱”を共有してもらいたかったんです。字幕があるとつい読んじゃって映像を見ていないでしょ? 私、テレビ番組のテロップも大嫌いなんです」
言葉が通じないという壁があったからこそ、彩子は一生懸命自分の想いを伝えようとする。それはいまの私たちに一番欠けているものだ。
「情報社会の中で得る情報は情報であって経験ではないんです。身体を動かして、心を動かして得たものだけが自分の“経験”になる。だから、たまには彩子みたいに全てを投げ出して自分自身を飢えさせてみるのもいいと思いますよ(笑)」

故郷・奈良への思い

つねに本物を撮りつづけていたい―。監督の言葉からはそんな強い気持ちが感じられる。舞台をタイヘ移したことに固執していたのはこちらのほうで「タイだからこうというのは私の中にはなくて、奈良で映画を撮っているときと同じでした」と語る。
「なら国際映画祭」ではエグゼクティブディレクターを務めている河瀨監督。10月24日にはタイの新進アニメ作家のウィスット・ポンニミットさん(通称タムくん)を迎えてのプレイベントを開催。「タムくんあんまりしゃべらないから舞台にこたつでも用意して、家のような雰囲気にしようかな」と、嬉しそうに語る河瀨監督。これからの活動にも注目が集まりそうだ。
詳細は河瀨直美オフィシャルサイト
http://www.kawasenaomi.comへアクセス

河瀨監督最新作


河瀨監督最新作
「七夜待」2008年11月1日(土)公開
福岡ではソラリアシネマにて11/8(土)より公開


[STORY]
日本を旅立ちタイに降り立った彩子。しかし、ホテルに向かうはずのタクシーがたどり着いたのは混沌とした森の中。川のほとりでフランス人青年グレッグに出会った彩子は、彼が同居するタイ人母子の住む高床式の家に連れて行かれる。言葉が通じず戸惑う彩子だが、そこで受けた古式マッサージで心の安らぎを得ていく…。

監督:河瀨直美
出演:長谷川京子、グレゴワール・コラン、村上淳
配給:ファントム・フィルム
映画HP:http://www.nanayomachi.com

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の白幡いちほさんと九軒ひびきさんのサイン入りグッズを各1名様にプレゼント!
  • めがみめぐり
  • ◆おしゃべりコミュニケーションゲーム「めがみめぐり」グッズをセットで2名様にプレゼント!
  • 福岡限定お菓子詰め合わせ
  • ◆「福岡限定お菓子詰め合わせ」を1名様にプレゼント!!
  • 砂守岳央
  • ◆砂守岳央さんのサイン入りCDを各1名様にプレゼント!
  • アジアンビート アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!
  • みみめめMIMI・タカオユキ
  • ◆みみめめMIMI・タカオユキさんのサイン入り色紙を3名様にプレゼント!
  • 神志那 弘志
  • ◆神志那 弘志さんのサイン入り色紙とスタジオ・ライブ発行 40周年記念本&記念ファイルを各1名様にプレゼント!
  • 石川智晶
  • ◆石川智晶さんのサイン入り小冊子を1名様にプレゼント!
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION