asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

櫻井孝昌(Takamasa Sakurai) のJAPAN! JAPAN! JAPAN!

第12回 オタク女子はなぜ世界から見た日本の中心になったのか? 春奈るなに学ぶ

文化外交活動で世界を回り始めて4年半強、最近日本にいるときに私がもっとも会っているのがオタク女子とでもいうべき若い友人たちだ。
日本には明らかにオタク女子の時代が来ているし、それは文化外交にとっても日本経済にとっても重要なキーワードになっている。
いまだにオタク=男性のイメージを持つ人が多いなか、いかにオタク女子は日本社会に急増していったのか?そんなことを日々考えているときに出会ったのが、人気アニメ「Fate/Zero」のエンディングテーマ「空は高く風は舞う」でメジャーデビューし、いきなりヒットチャートをにぎわせた歌手&モデルの春奈るなだった。彼女は歌手としてデビューする前に、人気女性ストリートファッション誌「KERA」の読者モデルとしても注目を集めていた。私が2009年度、そのプロデューサーとして世界をともに駆け巡った、ファッションを使って日本を世界に発信するカワイイ大使(外務省が委嘱)の青木美沙子と同じフィールドで活躍していたわけだ。
1.jpg
▲「オタクで幸せです」
モデルとしての春奈るなのイメージを強く抱く人も多いが、彼女以上にストレートなオタクに私はほかに出会ったことがない。ようは筋金入りのオタクなのである。
「ゴスロリファッションを着始めたのは中学生のときです。アニメ『D.Gray-man』のキャラクターの一人、ロード・キャメロットが好きで好きで、その世界観と一緒になりたくて、ゴスロリファッションを私も身につけるようになったんです」
彼女の原宿ファッションのデビュー、モデルとしての原点はアニメにあり、コスプレ感覚にあるのである。
「当時、メイド服と一緒に思われるようなことを嫌がるロリータ女子は多かったのですが、私はそうは思いませんでした」
春奈と話していると、海外の日本ファッションを愛してやまない女子と話しているのときわめて近い感覚を覚える。アニメが価値観の根底にあり、そこから知ったもの、発見したものは“よいものはよい”なのである。
春奈にとってアニメは絶対的な存在である。自分の生きるすべてがそこにあるという。では、たとえばリアルな俳優が演じるドラマや映画にのめりこむことはないのだろうか。
3.jpg
▲取材当日も普通にアニメグッズを購入
「たとえば、ドラマで誰かが死ぬとします。それは、役者さんが一生懸命死んだフリをしているわけですよね。でも、アニメは登場人物が死ぬときは、本当に死んじゃうんです。アニメはリアルだという意識が私の中につねにあります。アニメを観るときは、つねにアニメ入って観ています。だから自分でもなんでここでというところで、涙があふれてきたりするんです。大好きな『イナズマイレブン』の劇場版などを観にいくと、これまでのストーリーが走馬灯のように浮かんできて、オープニングで必ず泣いてしまうんです」

春奈は二次元にしか萌えないという。人を好きになって胸が痛くなる感覚を彼女は子供のときからアニメのキャラクターだけに感じてきた。そんな自分を心配した時期もあったというが、ふと気付くとそう思う女子が自分の周りにも珍しくなくなったのだという。
「それが自然な時代が来たんですね」
春奈は、そんなふうに大好きな街、秋葉原でつぶやいた。彼女は中学生のころ、秋葉原に週4、5回は通っていた。ショーケースのちょっとした変化も気になって仕方がなかったのだという。
2.jpg
▲秋葉原は心のよりどころ
4.jpg
▲私物バッグにも「イナズマイレブン」
アニソンを歌う歌手になりたいと思っていた春奈は、音楽オーディションである全日本アニソングランプリへの出場を契機に歌手としての切符を手にした。
「でも、あのときは傷つきましたよ。モデルとして活動していたので、『ほんとはアニメなんて観たことないんじゃないの?』とか言われることもあって」
二次元と三次元を自分の歌を通してつなげることが春奈の野望だという。
彼女と話していると、なぜ私がオタク女子が気になってしかたがないのか、その理由も含め腑に落ちていく。
「自分が好きになったジャンルをとても大事にして、そこにせいいっぱいの愛情を注ぐのがオタクだと思うんです」
秋葉原のウインドウを眺める女子、表参道や銀座のブランドショップにあこがれのまなざしをそそぐ女子。そこには何の差もない。大事なのは、春奈たちはそこに週4日も5日も通うほどの愛情を注いでいることなのだ。
「池袋も中野ももちろん行きますよ。アニメを愛する街は私も愛する街ですから」
春奈るなの生き方、考え方は、彼女自身が意識するしないにかかわらず、世界から見た日本のひとつの中心になっている。歌という表現方法を手に入れた彼女が、二次元と三次元の媒介としていかに世界に日本を発信していくのか、これからが楽しみでならない。
5.jpg
▲秋葉原で「Fate/Zero」のフィギュアをゲット
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us Google Bookmarks

櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN!
J Pop Culture 見聞録←バックナンバー一覧はこちらから

JAPAN! JAPAN! JAPAN!←バックナンバー一覧はこちらから

執筆者:櫻井孝昌氏プロフィール 

櫻井孝昌.jpg作家、ジャーナリスト、事業企画・イベントプロデュース等の仕事とならび、世界24カ国延べ102都市で講演やイベント企画、ファッションショーといった「ポップカルチャー文化外交」活動を実施中。外務省委嘱のカワイイ大使プロデューサー、アニメ文化外交に関する有識者会議委員等も歴任。著書(発売順)に『アニメ文化外交』(ちくま新書)『世界カワイイ革命』(PHP新書)『日本はアニメで再興する』(アスキー新書)『ガラパゴス化のススメ』(講談社)『「捨てる」で仕事はうまくいく』(ダイヤモンド社)がある。
ツイッターでも海外情報発信中 http://twitter.com/sakuraitakamasa/
毎週水曜日更新!
※次回は、ロシアを愛してやまない、声優上坂すみれに注目!

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の白幡いちほさんと九軒ひびきさんのサイン入りグッズを各1名様にプレゼント!
  • めがみめぐり
  • ◆おしゃべりコミュニケーションゲーム「めがみめぐり」グッズをセットで2名様にプレゼント!
  • 福岡限定お菓子詰め合わせ
  • ◆「福岡限定お菓子詰め合わせ」を1名様にプレゼント!!
  • 砂守岳央
  • ◆砂守岳央さんのサイン入りCDを各1名様にプレゼント!
  • アジアンビート アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!
  • みみめめMIMI・タカオユキ
  • ◆みみめめMIMI・タカオユキさんのサイン入り色紙を3名様にプレゼント!
  • 神志那 弘志
  • ◆神志那 弘志さんのサイン入り色紙とスタジオ・ライブ発行 40周年記念本&記念ファイルを各1名様にプレゼント!
  • 石川智晶
  • ◆石川智晶さんのサイン入り小冊子を1名様にプレゼント!
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION