asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

櫻井孝昌(Takamasa Sakurai) のJAPAN! JAPAN! JAPAN!

第51回 世界のファンが、いかに日本のアイドルを支え続けてきたか。タイの若者たちと

本連載は海外にも多数の読者がいて、書き手として嬉しいかぎりである。海外からのアクセス数が多い国には、インドネシアやシンガポールのようにプライベートでも訪問したことがない国、イギリスやカナダのように文化外交活動未訪問の国も多く、驚かされる。アイドルやビジュアル系のアーティストたちが、自分が行ったことのない国にファンがいるのが不思議だったと口々に私に語る気持ちに近いだろう。でも、いつか必ず縁ができると信じている。どうかそれまで本連載を読み続けていてほしいと思う。私の文章が日本と世界をつなぐ扉のひとつになれるよう、これからも書き手としてがんばります。
DSC02981.jpg
▲アイドルを応援して世界をつなごうと約束
さて、本連載でとても読者の多い国のひとつにタイがある。前々回、前回とタイでのBerryz工房の活躍について、メンバーへのインタビューを交えて書いてきたが、今回はファン側にスポットを当てる。

4月バンコクを訪問した際、熱烈な菅谷梨沙子(Berryz工房)ファンであるモーさんの家に、タイのファンたち何人かに、自慢のコレクションを持ち寄って集まってもらった。

まずは、写真をご覧いただきたい。この1枚だけで、いかに彼らがBerryz工房やハロー!プロジェクトを支えているかわかるだろう。
DSC03053.jpg▲後列:ジェットさん(26歳)バイオリン・ピアノ教師、ビムさん(20歳)大学生、ビクさん(29歳)イラストレーター、モーさん(23歳)大学院生。前列:ネットさん(27歳)銀行員、ムイさん(20歳)大学生。
DSC03066.jpg
▲アイドルの話題で盛り上がる
DSC03042.jpg▲モーさんのコレクション。菅谷梨沙子の熱烈なファンだ。ファン歴8年。
お互いのグッズを嬉しそうに見せあい、語りあう彼らを見ているだけでこちらも幸せな気持ちになっている。彼らは年齢や職業もバラバラだ。だが、彼らは日本のアイドルを愛する気持ちで強く結ばれている。そして、その気持ちをそのまま日本という国自体に向けてくれている。どうしてそんなに日本を愛してくれるの?とこちらが思わず不思議に思ってしまうほどだ。

「日本のアニメやマンガや音楽のファンは、アニメやマンガや音楽が好きなのであって、それで日本を好きになってくれるわけではない。だから、日本の文化外交戦略においては伝統文化こそが大事なのだ」
 これが、私が2008年、アニメ文化外交を提唱し始めたころの根強い「官」の考え方だった。それがいかに間違った考え方であるかを、有識者会議の場でもたびたび主張させてもらった。伝統芸能とポップカルチャーの普及は二律背反するものではないし、そもそも文化は文化であって、あちらことらと外交において線をひくものではないのである。
DSC03093.jpg
▲菅谷梨沙子の衣装のコスプレ
アニメやマンガは間違いなく、日本という国を世界にPRする最大の大使となった。日本食から伝統文化まで、さらには日本という国自体まで、その大きな入り口がアニメやマンガだったわけである。

世界の若者は、日本のようなアイドルは自分の国にはいないと主張する。ライブではプロフェッショナルなのに、ファンへの目線はいつも等身大で温かく、ブログで私生活も見せてくれると彼らは語る。アイドルが日本人自身の宣伝塔にもなっているのだ。ファンへの心遣いは、おもてなしといった日本人の美徳にも通じるところがあるだろう。そんな日本のアイドルを愛してやまない世界のファンたちは、Facebookなどのツールで、つねに日本のよさを発信してくれている。彼らは日本にとって大切な宝物のような存在と言えるだろう。今回集まってくれたタイのファンには、ネットさんや後で合流してくれたオーさんのように13年間も日本のアイドルを支え続けてくれたファンもいる。きっかけはモーニング娘。だ。
DSC03045.jpg▲ジェットさんのコレクション。やはり菅谷梨沙子ファン。ファン歴9年。
DSC03068.jpg▲モーさんが描いた菅谷梨沙子をイメージしたイラスト
DSC03048.jpg▲ネットさんお気にいりのカレンダー。私がパリでモーニング娘。に出会う少し前のメンバーだ。
DSC03071.jpg▲オーさん(28歳、化学者)に膨大な写真コレクションからお気に入りのページを選んでもらった。スマイレージの和田彩花の大ファン。
DSC03083.jpg
▲Berryz工房の記事が掲載されたタイの雑誌
私がアイドルを自分に関係ないと思っていた、いわば偏見を持ってアイドルを見ていたはるか昔から、彼らは日本のアイドルを見守り続けていてくれたのだ。彼らはしばしば、日本にも来ている。Berryz工房やハロー!プロジェクトのライブやイベントに参加するためだ。田中れいなの卒業公演となる、5月21日のモーニング娘。の武道館ライブを観にくるタイのファンも多い。日本人として、感謝以外の言葉が思いつかない。彼らとは、アイドルを通して、世界をもっとつないでいこうと、約束もした。それは小さな一歩だが、お互い理解し合うことの難しさを日々痛感する世界の、とても大きな希望だと思うのだ。

この輪を大きくしていくこと。それは、国と国が理解し合うための文化外交活動そのものなのだ。
DSC03080.jpg
▲全員で記念写真。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us

櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN!
J Pop Culture 見聞録←バックナンバー一覧はこちらから

JAPAN! JAPAN! JAPAN!←バックナンバー一覧はこちらから

執筆者:櫻井孝昌氏プロフィール 

櫻井孝昌.jpg作家、ジャーナリスト、事業企画・イベントプロデュース等の仕事とならび、世界24カ国延べ110都市以上で講演やイベント企画、ファッションショーといった「ポップカルチャー文化外交」活動を実施中。外務省委嘱のカワイイ大使プロデューサー、アニメ文化外交に関する有識者会議委員等も歴任。著書(発売順)に『アニメ文化外交』(ちくま新書)『世界カワイイ革命』(PHP新書)『日本はアニメで再興する』(アスキー新書)『ガラパゴス化のススメ』(講談社)『「捨てる」で仕事はうまくいく』(ダイヤモンド社)がある。
ツイッターでも海外情報発信中 http://twitter.com/sakuraitakamasa/
毎週水曜日更新!
※次回は、新海誠監督へのインタビュー

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の先斗ぺろさんと雨情華月さんのグッズを各1名様にプレゼント!
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の白幡いちほさんと九軒ひびきさんのサイン入りグッズを各1名様にプレゼント!
  • めがみめぐり
  • ◆おしゃべりコミュニケーションゲーム「めがみめぐり」グッズをセットで2名様にプレゼント!
  • 福岡限定お菓子詰め合わせ
  • ◆「福岡限定お菓子詰め合わせ」を1名様にプレゼント!!
  • 砂守岳央
  • ◆砂守岳央さんのサイン入りCDを各1名様にプレゼント!
  • アジアンビート アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!
  • みみめめMIMI・タカオユキ
  • ◆みみめめMIMI・タカオユキさんのサイン入り色紙を3名様にプレゼント!
  • 神志那 弘志
  • ◆神志那 弘志さんのサイン入り色紙とスタジオ・ライブ発行 40周年記念本&記念ファイルを各1名様にプレゼント!
  • 石川智晶
  • ◆石川智晶さんのサイン入り小冊子を1名様にプレゼント!
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION