asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

櫻井孝昌(Takamasa Sakurai) J POP CULTURE見聞録

第25回 KINTOKI-CON。海外の日本イベントは秋葉原&原宿の仮想体験空間。

アンティック-珈琲店-(アンカフェ)輝喜とゲスト参加した「KINTOKI-CON」。
世界各地に無数にある、現地の人による現地の人のための日本ポップカルチャー紹介イベントだが、1回目の開催現場に立ち合わせてもらうのは初めて。貴重な体験だった。
3万人以上を動員するアメリカの老舗イベント「OTAKON」でさえ、最初は350人の参加者だったという。いまや19万人もの動員を誇るパリのジャパン・エキスポのようなイベントでさえ、最初の一歩がある。そのことを改めて認識できた「KINTOKI-CON」だった。
KINTOKI-CON
▲開会式。地元の和太鼓サークルが演奏
会場は、サクラメントのホテル、ハイアットリージェンシーの一角。立食パーティなどが開かれるホテルの宴会場をいく部屋か使って開催しているとイメージしてもらえればわかりやすいだろう。
もちろん一般の宿泊客もたくさんいる。同じホテルに宿泊しながらイベントを楽しむコスプレイヤーも多かったので、エレベーターやロビーは宿泊客と「KINTOKI-CON」参加者が入り混じって、なんとも微笑ましい光景だった。私もステージ衣装で部屋と会場を行ったり来たりしていたので、「何のイベントがあるの?」と話しかけられたりすることもあった。
KINTOKI-CON
▲和装のエドワード・エルリック(「鋼の錬金術師」)
KINTOKI-CON
▲会場はホテルの宴会ルームをいくつか仕切って
KINTOKI-CON▲セーラームーンに英語で話しかけると、日本語で「おしおきよ」と言われた(笑)
KINTOKI-CON
▲ギャルファッション女子も。
KINTOKI-CON
▲「御主人様おかえりなさいませ」と迎えられた


おもしろかったのは、ホテル1階の喫茶ルームを借り切って実施されたメイド&執事喫茶。アメリカといっても西海岸といった土地柄、アジア系の参加者が多いので、上海や台北のメイド喫茶に来たような錯覚におちいりそうになる。
サクラメントにもちろんメイド喫茶は存在しない。秋葉原に行くことが簡単ではない彼らにとって、この数時間はまさに秋葉原を疑似体験できる貴重な時間なのだ。
秋葉原や原宿といった、世界から見た日本のアイコンとなる街を歩いていると、世界の若者がいかにその地に憧れているかが一目瞭然でわかる。世界の日本ポップカルチャー紹介イベントは、まさにそこにあるものへの憧れそのものの構成になっているからだ。
KINTOKI-CON
▲ジマンのファッションでイベントを楽しむ
KINTOKI-CON
▲同人ブースも
1年に何日かだけの仮想空間ではなく、日本に行けば毎日その空間に浸れる。彼らはいつの日かそこに立つ自分を想像しながら、ネットや雑誌で情報を収集してくれているのだ。
日本の観光戦略を考えるとき、いつも心配になるのは、彼らの気持ちに寄り添った長期的視点がどれだけ考えられているのだろうかということ。
海外の日本イベントに来る何百万人という若者で、日本に来たいと思っていない人はいない。今年度の目標観光客数も大事だが、数年先を見越したプランニングが数年後の日本にどれだけ大きな財産になるかは間違いないだろう。そんな彼らとリアルに接触できる海外イベントに、一部を除き、その気配を感じないのが残念でならない。
彼らが日本に抱いている妄想を、数年かけてどれだけ現実の日本行きに導けるか。そんな観光戦略デザインを国はもっとひいたらいいのに。いつもそう思っている。
ビジュアル系バンドのライブから同人誌の販売まで。来場者全員が顔なじみになるぐらいの規模の「KINTOKI-CON」だからこそ、そんなことを改めて思った。
世界にたくさん点灯しつつある日本への愛の火を、どれだけ日本人として守ってあげられるか。それはわれわれの大きな課題だ。
KINTOKI-CON
▲ゲスト&主催者の打ち上げディナー
櫻井孝昌jpopculture櫻井孝昌jpopculture櫻井孝昌jpopculture
毎週水曜日更新!
※次回は、速報! 昨年モーニング娘。を卒業し、中国に帰国したリンリンとハルビンで実施してきた待望のライブの模様を掲載。

執筆者:櫻井孝昌氏プロフィール 

櫻井孝昌作家、ジャーナリスト、事業企画・イベントプロデュース等の仕事とならび、2012年7月現在世界23カ国100都市以上で講演やイベント企画、ファッションショーといった「ポップカルチャー文化外交」活動を実施中。外務省委嘱のカワイイ大使プロデューサー、アニメ文化外交に関する有識者会議委員等も歴任。著書(発売順)に『アニメ文化外交』(ちくま新書)『世界カワイイ革命』(PHP新書)『日本はアニメで再興する』(アスキー新書)『ガラパゴス化のススメ』(講談社)『「捨てる」で仕事はうまくいく』(ダイヤモンド社)がある。
ツイッターでも海外情報発信中 http://twitter.com/sakuraitakamasa/

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の白幡いちほさんと九軒ひびきさんのサイン入りグッズを各1名様にプレゼント!
  • めがみめぐり
  • ◆おしゃべりコミュニケーションゲーム「めがみめぐり」グッズをセットで2名様にプレゼント!
  • 福岡限定お菓子詰め合わせ
  • ◆「福岡限定お菓子詰め合わせ」を1名様にプレゼント!!
  • 砂守岳央
  • ◆砂守岳央さんのサイン入りCDを各1名様にプレゼント!
  • アジアンビート アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!
  • みみめめMIMI・タカオユキ
  • ◆みみめめMIMI・タカオユキさんのサイン入り色紙を3名様にプレゼント!
  • 神志那 弘志
  • ◆神志那 弘志さんのサイン入り色紙とスタジオ・ライブ発行 40周年記念本&記念ファイルを各1名様にプレゼント!
  • 石川智晶
  • ◆石川智晶さんのサイン入り小冊子を1名様にプレゼント!
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION