asianbeat 福岡県が運営するポップカルチャー配信サイト

  • facebook
  • twitter

櫻井孝昌(Takamasa Sakurai) のJAPAN! JAPAN! JAPAN!

【櫻井孝昌のJAPAN! JAPAN! JAPAN!】第83回 モスクワ最大の日本現代文化紹介イベント「J-FEST」を私や上坂すみれが愛してやまない理由

2009年11月、バルセロナ「サロン・デル・マンガ」での行程を終え、モスクワに着いたとき、それから毎年この地を踏むことになるとは私は想像だにしなかった。
CIMG3652.jpg
▲上坂すみれのサイン会に集まったロシアの若者たち
今年で5回目となるJ-FEST。2009年の1回目は、Japan Pop Culture Festivalという名称で、1日だけの開催だった。動員数3000名からのスタートだった。在モスクワ日本大使館の関係者と企画を進めながら、心のどこかでこの企画はロシアでどこまで受け入れてもらえるのだろうかと懸念していた。
2007年末から周り続けてきた文化外交活動は、2013年12月で25カ国のべ120都市以上の訪問数になった。講演や授業、ファッションショー……さまざまな形で現地の人たちの前に立ってきた。

だが、この2009年モスクワのときほど、いま自分がいる状況に信じられないほどに感動したという経験は他になかった気がする。ステージで泣きそうになったのは、このときが初めてだった。それだけモスクワっ子たちの日本への愛は本物だったのだ。

それはマスではなく、所詮ニッチなものでしょう?

そう、たしかにそのとおりかもしれない。でも、ゼロではないのである。氷点下の中、開場の何時間も前から並んでくれた数百人の若者たち。先頭グループは5時間も前から並んでいた。
CIMG4865.jpg
▲J-FESTにはコスプレイヤーもいっぱい
CIMG4859.jpg
CIMG4869.jpg
終演時の私の挨拶。
「また帰ってきて!」「来年も絶対にやって!」
満場のホールに集まった観客からの日本への愛をステージでまともに受け、それをたかが3000人のことと切り捨てることができる人がいるのだろうか?

この3000人は日本の宝だ。そんな彼らの気持ちを受け止めた人間には、彼らの気持ちを守る義務があると私は感じた。私が世界を周り続けることができるのは、日本を愛してやまない彼らがいるからであり、私はそんなネットワークが明日の世界を変えていくと信じている。

そんな彼らに共通している要素がある。それは日本を決して悪く言わないことだ。彼らがいかに日本の魅力をSNSなどを通して伝えようと日々しているか、私は痛いまでにわかっている。モスクワでの約束は、私にとって、なにごとにも代えがたいあまりにも大事な約束なのだ。
CIMG3658.jpg
CIMG3664.jpg
CIMG3655.jpg
CIMG3663.jpg
▲日本から来た上坂のファンがCDをロシア人にプレゼントしていた
2012年のJ-FEST。私が観客のみなさんと約束したのは、ロシアを愛してやまない声優、上坂すみれをこの場に連れてくることだった。そして、それは上坂と出会って以来、約束してきたことでもある。上坂との約束以来、実現までに3年かかった。でも、3年かかれば何ごともできるということを二人で証明できたとも言える。
CIMG4518_大.jpg
▲上坂と筆者(櫻井)のトークイベント
CIMG4725.jpg_大.jpg
▲1200名の観客を前にしての上坂のライブ
私と上坂のトークイベント。その後の上坂のライブ。ライブ終演後、私も再びステージに戻ったが、上坂は感極まってステージで涙を流した。上坂のことはよくわかっているが、そうそう簡単に人前で泣くタイプではない。先に泣かれてしまい、私は泣くチャンスを逃してしまった。ロシア人の女子たちから、「泣かないで!」「頑張って!」「カワイイ!」という声援が飛び交った。それが、またさらに上坂を泣かせることになった。

上坂が4年間、上智大学で学んできたロシア語でライブのMCを語り、観客が日本語で上坂を応援する。これ以上の、ロシアと日本のコミュニケーションがあるだろうかと思えるほどの、それは感動的なシーンだった。

マスでなくても、ニッチでもかまわない。

私も上坂もロシアの観客も、日本から応援にきたファンも、このときの思いを忘れることはないし、お互いの国は特別な存在になっただろう。なぜなら、理解しようと心から思う人たちが暮らす国なのだから。
CIMG4645.jpg
上坂にとって愛すべき国、ロシアの訪問は2010年、大学1年生のときのモスクワでのサークル合宿以来となる。3泊4日という短い滞在。もっといろいろな場所に行きたかったろうし、たくさんのロシアの若者と語りたかったろう。でも、この3年間、ことあるごとに語り明かしてきたとおり、私も上坂も文化外交活動を止めるつもりはさらさらないし、ロシアも逃げたりしない。
次にモスクワで何ができるか。
この3年ずっとずっと考え続けてきたように、また新たな道を考えていくことになるだけのことだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 del.icio.us

櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN! 櫻井孝昌JAPAN!JAPAN!JAPAN!
J Pop Culture 見聞録←バックナンバー一覧はこちらから

JAPAN! JAPAN! JAPAN!←バックナンバー一覧はこちらから

執筆者:櫻井孝昌氏プロフィール 

櫻井孝昌.jpg作家、ジャーナリスト、事業企画・イベントプロデュース等の仕事とならび、世界25カ国延べ120都市以上で講演やイベント企画、ファッションショーといった「ポップカルチャー文化外交」活動を実施中。外務省委嘱のカワイイ大使プロデューサー、アニメ文化外交に関する有識者会議委員等も歴任。著書(発売順)に『アニメ文化外交』(ちくま新書)『世界カワイイ革命』(PHP新書)『日本はアニメで再興する』(アスキー新書)『ガラパゴス化のススメ』(講談社)『「捨てる」で仕事はうまくいく』(ダイヤモンド社)がある。
ツイッターでも海外情報発信中 http://twitter.com/sakuraitakamasa/
毎週水曜日更新!
※次回は、悲願のモスクワJ-FESTを終えて次なる道へ。上坂すみれと筆者(櫻井)が次なる文化外交活動を語りあう対談を収録!

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 祝10周年!! アジアンビートにまつわるエピソード大公開!!
  • 青木美沙子の”カワイイ革命”対談 produced by 櫻井孝昌
  • 和田彩花(スマイレージ)
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の先斗ぺろさんと雨情華月さんのグッズを各1名様にプレゼント!
  • 劇場版ゴキゲン帝国
  • ◆劇場版ゴキゲン帝国の白幡いちほさんと九軒ひびきさんのサイン入りグッズを各1名様にプレゼント!
  • めがみめぐり
  • ◆おしゃべりコミュニケーションゲーム「めがみめぐり」グッズをセットで2名様にプレゼント!
  • 福岡限定お菓子詰め合わせ
  • ◆「福岡限定お菓子詰め合わせ」を1名様にプレゼント!!
  • 砂守岳央
  • ◆砂守岳央さんのサイン入りCDを各1名様にプレゼント!
  • アジアンビート アンケート
  • ◆アンケートに回答してくれた方に抽選で素敵なプレゼントが当たります!
  • みみめめMIMI・タカオユキ
  • ◆みみめめMIMI・タカオユキさんのサイン入り色紙を3名様にプレゼント!
  • 神志那 弘志
  • ◆神志那 弘志さんのサイン入り色紙とスタジオ・ライブ発行 40周年記念本&記念ファイルを各1名様にプレゼント!
  • 石川智晶
  • ◆石川智晶さんのサイン入り小冊子を1名様にプレゼント!
  • hitomi
  • ◆hitomiさんのサイン色紙を2名様にプレゼント!
  • 増澤璃凜子
  • ◆増澤璃凜子さんのサイン入りチェキ (写真)を1名様にプレゼント!

⇒応募はコチラ!

INFORMATION