icon 新型コロナウイルス感染症対策が各地で実施されています。イベント・店舗の運営状況は公式サイト等でご確認ください。

asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

第28回 モーニング娘。’15 12期ロングインタビュー(前編)~「ライブの前にはこんなにも準備期間があって、こんなに練習し、そして初日を迎えるんだ」(2/3)

popculturechronicles
12期が入ったツアーラスト、武道館公演
▲12期が入ったツアーラスト、武道館公演

モーニング娘。’15としてのツアーが始まってここまで、彼女たちはどんなことを感じてきたのだろうか?

尾形春水 「最初はダンスや歌うことでいっぱいいっぱいで、ライブ中に素の笑顔がまったく出せなかったと思います。でも、最近はとにかく私自身もライブが楽しくて、始まるとすぐに終わってしまう感じです。石田(亜佑美。10期)さんに、ライブ中のアイコンタクトが自然な笑顔になってきたねという言葉をいただいたときは、とても嬉しかったです」
野中美希 「ダンスちゃんと踊れるかななど、私もツアー前半はとにかく緊張していました。一生懸命にやろうと、とにかくがむしゃらにここまでやってきたと思います。毎回、必死でした。そんななか、握手会でファンのみなさんに、笑顔が増えてきたねと言われるようになったのがうれしいです。
今回のツアーの私としての見せどころは、『女子かしまし物語』で私が歌う部分が全部英語なことです。英語で歌ったときに、会場の空気感がざわざわっと変わるのが、自分の空間を作れているようで、とても好きです。小さいけど自分をアピールできる大きな場と思い、大切にしています。野中美希は英語の子というイメージを付けたいですし、そんな機会を最初のツアーからいただけたことがうれしいです」

野中は2歳から10歳まで、アメリカのアラバマ州で育った帰国子女である。モーニング娘。のグローバル化に貢献したいという彼女の気持ちは、インタビュー後半でも改めて語ってもらっている。

牧野真莉愛 「こんなにたくさんのみなさんの前で歌わせていただける幸せを改めて実感しています。私はファンのみなさんの顔を見るのが大好きなんです。あ、いまみなさん笑っているなとか。顔を覚えるのも得意なんですよ」
羽賀朱音 「初日は体力的にへとへとになりましたが、最近は大丈夫になってきました。(本編)最後の2曲(『わがまま 気のまま 愛のジョーク』『What is LOVE?』)はフルコーラスでたいへんなのですが、そこが自分のなかでいちばん楽しい時間になりました」

尾形春水
▲尾形春水

野中美希
▲野中美希

羽賀朱音
▲羽賀朱音

牧野真莉愛
▲牧野真莉愛

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • 滝沢歌舞伎-ZERO-2020-The-Movie
  • ◆ 映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」オリジナルのクリアファイル (非売品) を3名様にプレゼント!
  • 羅小黒戦記
  • ◆ 映画「羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来」のオリジナル"ネコ"バッグ を3名様にプレゼント!
  • 岩崎諒太&関智一
  • ◆ 声優の岩崎諒太さん&関智一さんの直筆サイン色紙を1名様にプレゼント!
  • アジアンビート読者アンケート
  • ◆ アジアンビート読者アンケート・当選者発表!