icon 新型コロナウイルス感染症対策が各地で実施されています。イベント・店舗の運営状況は公式サイト等でご確認ください。

asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

福岡のデニムトレンド|サマデニ ~Summer Denim Fukuoka~ #1

CLOSE UP! FUKUOKA STREET CULTURE
LANGUAGES AVAILABLE: 한국어 簡体中文 繁體中文 English ภาษาไทย Bahasa Indonesia
夏の定番アイテムといえば「デニム」。多種多様な着こなしを楽しめるだけに、着る人の個性が試されるもの。今回は福岡のカルチャーシーンで活躍するお二方をピックアップ。それぞれの人となりが表れたデニムコーディネートをお楽しみください。

トレンドより"つくり"が面白いかどうか

CLOSE UP! FUKUOKA STREET CULTURE<br />
ファッション系専門学校を卒業後、大手デニムメーカーのパタンナー職を5年以上務めた経歴をもつ久保光太郎さん。かれこれ10年以上穿き続けているというデニムは、パターン職時代、自身でつくった某ブランドのサンプル品だ。自然にクラッシュした部分といい、リメイクで補強したヒップまわりといい、このデニムは久保さんのライフスタイルと"一体化"しているともいえる。
CLOSE UP! FUKUOKA STREET CULTURE<br />
また、長年にわたり服の"作り手"を担ってきたこともあり、彼自身のファッションや服に対する見方は必ずしもトレンドが重要ではないという。「服そのものの構造とか"つくり"が気になるんですよね」。服を買う基準もまた、ディテールが引き立っているかどうかがポイントになるという。「今日着ているシャツも変わった刺繍が入っていたり、ステッチの位置や裾の長さや形が特殊だったり、そういう"!?"と感じる部分が自分の創作にも生かせるような気がしていて」。現在、自身で開業した「ROUND COUNTER」でスペシャルティコーヒーを提供する一方で、店内に併設した工房で主にデニム素材を採用した"カウンタープロダクツ" = (アパレル雑貨) を製作する久保さん。「ビンテージアイテム特有の雰囲気やディテールを現代の感覚にかけ合わせてみるというのが、僕の数少ないスタイリングのルールです」。
CLOSE UP! FUKUOKA STREET CULTURE<br />
TEXT:大村美容ファッション専門学校 プレス科学生 / Photo:瀬口賢一 (コモン編集室)

PROFILE 

久保光太郎

コーヒーショップ「ROUND COUNTER」オーナー兼バリスタ。アパレルパターン職時代に口にしたフルーティーなコーヒーをきっかけにバリスタの道を志す。現在、コーヒーの提供とともに、エプロンやコースターなど自身が手がけるデニムを使ったファッション雑貨の製作も行う。

■ ROUND COUNTER 公式サイト:https://roundcounter.net/
■ Instagram:@round_counter

関連記事はコチラ!

World Fashion Snaps

外部リンク

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • アジアンビート読者アンケート
  • ◆ アジアンビート読者アンケートにご協力をお願いします!応募期間 ~2020年11月1日 (日)まで。