icon 新型コロナウイルス感染症対策が各地で実施されています。イベント・店舗の運営状況は公式サイト等でご確認ください。

asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

マタギキ 麻生 渡氏(9/14)

8.福岡の何をブランドにしようと取り組んできたか-1

会場の様子

 福岡の最大のブランドは「アジア」です。アジアに近い、アジアと発展する、アジアの玄関口、福岡=アジアと一緒に発展するという思いでいろいろな政策に取り組んできました。今の時代になってどの地域も「アジア」というキーワードを使うようになりました。大阪や名古屋、最近では北海道もそうですが、日本の至る所で「アジアの玄関口競争」をやっています。じりじりとですが福岡がリードしてきて、今では「アジアの玄関口」としての不動の地位を築きつつあります。福岡はアジアレースに勝ちつつあるのです。

 若者文化の啓蒙にも力を入れてきました。県が運営するポップカルチャーサイト「アジアンビート」は178カ国の人々がアクセスをしています。国連加盟国が190カ国ですから、ほとんどの国々の方々が見ていることになります。

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • lyrical school
  • ◆ 「lyrical school 」のメンバー直筆サイン入りポスタープレゼント・当選者発表!