icon 新型コロナウイルス感染症対策が各地で実施されています。イベント・店舗の運営状況は公式サイト等でご確認ください。

asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

マタギキ volume 04 椎木 隆太氏(5/10)

4. テレビ局におけるキャラクタービジネスとエンタメ業界

170.JPG
東京のテレビ局だと放送外収入は不動産などいろいろあるんですが、地方のテレビ局さんは難しいのが現状です。一般の地方テレビ局の放送は自県のみ。静岡のように両隣に神奈川、愛知県といったものすごい大きな市場があっても、大部分の収益は県内です。僕からすればかなりもったいないですね。仕掛ければいいじゃないですか。ネットの時代にこんな大きな市場があるのになぜ県内でビジネスを止められるのか。だから僕たちは地方テレビ局の方々に、「そもそも県外から1円も収入を期待しないビジネスモデルはおかしいですよね」という切り口で、「今の時代、県外収入を創出していきましょうよ」というお話をします。そして「自社の著作権ビジネスで自社のキャラクターやコンテンツを、フラッシュアニメというお金がかからない手法でやったら最高じゃないですか。アニメは日本全国に行き渡りますし、上手くいけば世界にも行けます。」という提案をします。
 キャラクタービジネスをやっていく上で、テレビ局にとっては、想定以上の大きなメリットがありました。今まではクライアントさんが、単純に広告予算を県内の放送局に均等に配分することが多かったわけですが、静岡放送の「パンパカパンツ」のような強いコンテンツがある場合、そのキャラクターや音楽とのコラボをしたいがために、広告予算を全て静岡放送1社につぎ込んでタイアッププロモーションをするような事例が多く出てきました。
実際に、この、キャラクターやコンテンツで他社との差別化で広告収入を強化するという手法は大成功してます。そういう意味で、僕たちはテレビ局さんにメリットが高い提案をしています。九州ではフジテレビ系列で「ピチ校野球部」をやっています。これは皆さんご存じないと思いますが、「レコ直」のムービーダウンロードサービスで全国9位。これはもしかすると「パンパカパンツ」より化けるかもしれないですね(笑)。

エンタメ業界については、かなり病んでると思います。僕たちの場合、投資に対して3〜5倍位のリターンがある事業もあるわけですが、この「ちっちゃいお金で大きく当てる」というビジネスモデルが、実は業界内にほとんど無くて、映画は外れるのがほとんど。10本やって1本は当たるんですけど、それでも成果は120%位です。たった20%の成功を取るのに、10打数1安打っておかしいですよね。そんなところに「お金をはる」人もいなければ、そういう所に入ってくる人材もどんどん細っちゃうと思うんです。だから、投資してくれた人が「こんな馬鹿げた業界あんのか!」ってすぐ気付いちゃうんですよね。どんどんメッキがはがれて今は焼き畑状態です。エンターテイメント業界に昔と変わらぬ夢を持っている人ってほとんど居なくなっちゃいました。僕たちみたいな低コストで、10倍、20倍になるビジネスモデルがいままでエンターテイメント業界では全く描けなかったんですね。そういう意味では、逆にすごく可能性がある。

何の業界もそうですけど、ある程度古い業界になるとみんな思考が停止します。僕は今、福岡県をはじめ色々な地方自治体のお世話になっているんですが、アイデアと実行力さえあれば、どこの自治体もチャンスで溢れている状況なのに、自治体内のビジネスマンの間で、今をチャンスと思っている人が殆どいません。「もう駄目だ。何をしても上手くいきそうにない…」という人だらけで…。本当に僕が全部取っちゃいますよって感じです(笑)

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • モッチャム
  • ◆ 「めっちゃモッチャム博多通りもんミルク」ドリンクチケットを3名様にプレゼント!
  • lyrical school
  • ◆ 「lyrical school 」のメンバー直筆サイン入りポスタープレゼント・当選者発表!