icon 新型コロナウイルス感染症対策が各地で実施されています。イベント・店舗の運営状況は公式サイト等でご確認ください。

asianbeat 福岡県が運営する多言語WEBサイト

beyond2020
  • facebook
  • twitter
  • Instagram

麺工房 なか

【お知らせ】


新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う営業時間短縮・休業などの対策が取られている場合があります。詳しい情報は、施設の公式サイト・SNSにてご確認ください。

♥FUKUOKA UDON
LANGUAGES AVAILABLE: ♥FUKUOKA UDON ♥FUKUOKA UDON ♥FUKUOKA UDON ♥FUKUOKA UDON ♥FUKUOKA UDON ♥FUKUOKA UDON

大名の地で味わう魅惑の筑後うどん

麺工房 なか
福岡市地下鉄空港線の赤坂駅から徒歩約2分。福岡市の中心部、大名エリアの路地裏に店を構える「麺工房 なか」。夫婦二人三脚で営む、カウンターのみのアットホームな店で、昼時は近隣のビジネスマンやOLを中心に賑わう人気店です。元々、店主はサラリーマンだったそうですが、うどんの魅力にどっぷり浸かり、自身が生まれ育った地元・久留米でうどんづくりを学び、この地に店を構えました。提供するのは、店頭に立てられたのぼりでも謳われているように筑後うどん。筑後で慣れ親しまれた"ふんわりねばりコシ"の麺がウリです。幅5ミリにも満たないくらいの細麺で、麺を勢いよく啜り上げれば、ふるふると小刻みに震えるようなふんわりとした食感が楽しめます。
麺工房 なか
麺工房 なか
個人的なおすすめはごぼう天をトッピングした肉うどん。昆布主体の出汁に、牛肉の旨味が溶け込んだつゆが絶妙で、サクッと揚がったごぼう天の食感がアクセントになります。肉、わかめ、丸天が一度に楽しめる「牛若丸」も好評。店主が胸を張る、創業時からの名物「ぶっかけうどん」も見逃せません。細麺のうどんの食感がいっそう引き立ちますよ。
麺工房 なか
麺工房 なか
麺工房 なか
TEXT & PHOTO BY: 山田祐一郎

店舗情報



麺工房 なか

住所 福岡市中央区大名2-11-10
電話 092-714-0210
席数 12席
営業 11:00~15:00
定休 日曜、月曜、祝日

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間や定休日が記載された内容と異なる場合があります。来店時は事前に電話などでご確認ください。

※情報は全て2021年9月のものです。

WRITER PROFILE

山田祐一郎山田祐一郎 (Yuichiro Yamada)

1978年、福岡県生まれ。2003年、福岡市内の編集プロダクションに就職し、ライターとしてのキャリアをスタート。福岡で発行されている情報誌、飲食関連の専門誌などの原稿執筆に携わる。2012年8月、「KIJI (キジ)」を設立。ヌードルライターという肩書きで活動を開始。同年にwebサイトも立ち上げ、日々食した麺の記録をWEBマガジン「その一杯が食べたくて。」として連載する。2015年7月に福岡初・福岡発のうどんカルチャーブック「うどんのはなし 福岡」、2019年3月には福岡市内を中心におすすめの麺 (うどん、ラーメン、ちゃんぽんなど) を幅広く紹介した「ヌードルライター 秘蔵の一杯 福岡」を上梓。「一日一麺」をモットーに、美味しい麺との出会いを求め、国内のみならず海外にも足を運んでいる。ヌードルファンの熱い視線を集めている。

■ 関連サイト
・KIJI: http://ii-kiji.com/
・麺のwebマガジン「その一杯が食べたくて。」: http://ii-kiji.com/sonoippai
・アプリ版「KIJI NOODLE SEARCH」: http://ii-kiji.com/app

WHAT’S NEW新着情報

EDITORS' PICKS編集部ピックアップ

  • 福岡ラーメンMAP
  • 青木美沙子のTimeless Trip in Fukuoka
  • 特集 福岡マンホール図鑑
  • コスラボ
  • 特集「コスプレを始めよう!」
  • インタビューナウ
  • WFS
  • オタクマップ
  • 福岡クリエーターズ

PRESENTSプレゼント

抽選結果やプレゼント情報など、アジアンビートのキャンペーン情報をお知らせします。
  • ばってん少女隊
  • ◆ ばってん少女隊の直筆サイン色紙当選者発表!
  • 津田美波さん、長江里加さん、高橋花林さん
  • ◆ 長江里加さん、津田美波さん、高橋花林さんの直筆サイン色紙当選者発表!